双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

診察日(精神科)

今日は火曜日診察の為、13:30からの診察でした。


私が勘違いをして12:30からと思って行ったら1時間以上前Σ( ̄□ ̄)!


でも、ハンサムダンディ先生は矢張り優しくて、11:30の人が終わり、先生が診察室を出て先生のお部屋に戻ろうとしていた所、ご挨拶した私を見付けて、「あっ、今からでもいいですよ」と仰って下さり12:25には診て頂けました。


で、診察ですが、入眠困難な事、中途覚醒がある事、パジャマを着替えなければならない程の大汗をまた2度かいた事など、話しました。


先生も悩んで、過去の処方箋をご覧になったり、睡眠薬の表をご覧になったり…「ベルソラムは効かなかったんでしたっけ?」と言われ、「全然効きませんでしたから、直ぐに止めになりました」と申し上げると、ドラール(半減期36~37時間)にしようか考えていらしたけど、結局、先生曰く「ドラールよりも強い」向精神薬の「レボトミン」がまた増える事になり、過去最多の65mg飲む事になりました。_| ̄|○ il||li


レボトミンは耐性が出来て来てるのかも知れませんが、普通の人は1錠で1日以上、効きますよ。との事…それを13倍の65mgとは…。


だから、何時も翌朝まで残ると仰っていたんですね。


レボトミンは最高100mgまで飲める事になっています。まだ先があるのか?


呂律が回らなくなり、便秘にもなるので嫌なんですが、睡眠のリズムを回復する為には仕方有りませんね。


寝られているので、矢張り入院にはなりませんでした。処方には随分悩んでいらっしゃっていましたが。


まぁ、入院すると夫に多大な迷惑を掛けるので、良しとしましょう。


寝ていても夫も文句は言わないですし。寝られないよりいいって言ってくれます。


今日はお昼に診察だったので、帰宅したら15:30を回っていて、中途半端な時間です。


今日もお弁当なので、洗濯物を取り込み、また漢検のお勉強を始めたいと思っています。


夫は漢字にかなり自信があり、小、中では誰にも漢字だけは負けなかったと言っていますが2級は高校生レベルなので夫も怪しい所があり、昨日は2人して「ゆかた」が書けませんでした。読むけど書いた事ないね。と話していて、夫も私が漢検の勉強をする事は好ましく思っています。


これ以上馬鹿にならない為に勉強続けて合格目指します。



お正月にクロシーの為に買って来たおもちゃですが、全然遊びません。可哀想なおもちゃ…

クロの後頭部の虎刈りみたいな段差が笑えます。でも、そんな所も可愛い親バカです。