双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

大坂なおみ選手とサーシャコーチ

日本人初のグランドスラムを制覇した大坂なおみ選手

(多分)陰ひなたで支えたサーシャコーチ

(画像はお借りしました。)


メディアの情報に拠ると、メンタルが弱かった大坂なおみ選手の事をサーシャコーチは「なおみなら出来る、君なら出来る」と支えて大坂選手はメンタル面でも強くなったそうですね。


そして日本人初のグランドスラム優勝🏆

コーチの支え無しには優勝は無かったのでは…

と思います。


一方、「貴方なら出来る。出来て当たり前」「貴方が出来るのは当然」と思われていたら、どうでしょうか?


テニスの事だけで無く、あらゆる場面に於いて考えて下さい。


そう思われていて、孤軍奮闘し、結果を残せた時…

結果を残せても「出来て当然」ですから、喜びを分かち合えたり、努力を認めて貰えたりする事は無く、感謝の気持ちも持てないと思います。

更には結果を残せなかったら、「何で出来ないんだ!?」と不満に思われる事でしょう。「出来て当たり前」と思われているのですから。もしかしたら嫌味のひとつ位は言われるかも知れません。


ワンダムは人の成功を羨ましく思う事はあっても、妬む気持ちにはなりません。一緒に喜びたいと思っています。(支えになっているか、どうかは別として…)


クローゼとチーズにはいつも支えて貰いっ放しです。

ブログの皆さんにも支えられっ放しです。


昨日はまた、支えて下さっていたブロガーさんが、去って行かれました。😭

他にも色々あって、昨日は泣いてばかりいて、眼球が痛くなりました。そして頭痛になりました。😵


ぼくのそんざいかちはありますか?

おとこはだまってのぼくですが…ぼくもたのもしいですか?


誰かの支え無しには人は生きて行けないと思います。

「人」って漢字は支えあって成り立ってると言いますよね?