双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

あゝGW!

どっくらんにつきました。

クロ11歳、シー7歳にして、犬生初のドッグランです。

どっくらん、たのしいね!


最初は貸し切り状態で30分位して、柴犬さんが来て、追っ掛けっこしてランラン走り回りました。


柴犬さんが帰って暫くしたら、チワワちゃんやシュナウザーさん達が複数やって来ました。


クロが吠えまくって、シュナウザーさんの飼い主さんに迷惑そうな顔をされたので、クロは抱っことなり、昨日の朝はお天気は良かったけど、風が強くて寒くて、寒くて…1時間20分位で、ドッグランから、さよならしました。Gパンに長袖カットソーに厚手の綿のパーカーを着てたので、薄着ではありませんでした。


行きの車でも、登録中の20分も帰りの車でも、二人ともずっと吠えっ放し😰


車嫌いなので、ドッグランに今まで行った事がありませんでした。


だけど、今日行った所は登録料1ヶ月1匹につき500円で後は駐車場代だけなので、今度の日曜日も連れて行こうと思います。


最近は私も睡眠時間は少ないものの、気分は安定しているので、行けそうです。😊


夕方もお散歩に出て1時間15分歩きました。


夫は宿題を持ち帰っているものの、GWで気分的にものんびりしているので、夕方のお散歩にも付き合ってくれました。


私、一人じゃドッグランにも行けないし、ドッグランに行った日にまたお散歩には行けません…

お仕事していないので、毎日がGWの様なワンダムですが、夫がお休みなのと、そうでないのとは、大違いです。


ドッグランと言うと友達に聞いていたのが、ヴィトンの首輪してる子とかいて、うちは真っパだから恥ずかしくて…と言っていましたが、うちも裸族なので、うちだけかなぁ?と思ってましたが、来ていた子、全員裸ん坊でした。

庶民的なドッグランで良かった〜。


ワンコ達のお陰で夫のお陰で、私もGWらしい日々を過ごしています。


今日は週1の買い出し日。明日、またドッグランに行くとは言え、また、何時もの日常生活が戻って来ます。