双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

帰省して来ました。

昨日は義父の命日で夫と二人で帰省して来ました。

幸い、実家も義実家も車で2時間程の所にあるので、日帰り出来ます。


息子1は何の応答も無く、どう過ごしてるのかも分からず…


息子2は合宿で昨日の夜、帰宅予定でした。

(結局は成り行きで、友達の家にそのまま泊まる事になったと連絡あり、帰宅しませんでした。)


なので、息子3と4だけ長時間留守番させておくのが少し心配でした。


でも、エアコンも点けたままだし、お水も確認してチーズはギリギリにマナーウェアを取り替えて出発しました。


8:30に出発して18:00に帰宅しました。


義父には長男の婚約、結婚予定、次男の就職先の報告をして来ました。


義母が一昨日、気付いたそうですが、庭にスズメバチの巣が出来ていました。

手毬程の大きさになっていました。

分かり辛いと思いますがお写真載せてみます。


義母が言うにはスズメバチの巣はおめでたい事の印だそうで、昔義姉の結婚が決まった年にも庭に大きなスズメバチの巣が出来たそうです。


冬まで放っておけば自然に居なくなるので、放って於いて後から取って、玄関先に飾って置いたのに、落としてしまって壊れて捨てたそうです。


今年は孫(うちの息子1)の結婚があるから、また出来たんだわ。と言っていて、またそのままにしておくそうです。


スズメバチの巣が「吉兆の印」とは初めて聞きましたが、ワンダム家は代々、そういう事になって行くのでしょうか?


息子1が家を出たので、息子1の部屋を客間に出来る様にお布団を二組貰って来ました。


で、お布団を取り敢えずソファーの上に積んだら息子3の姿が見えなくなりました?


夫「あれ?クローゼ?クローゼは何処行った?」と心配したら…


こんな隅に追いやられてちょこんと座っていました。(≧∇≦*)


このソファーは階段付きでクローゼのお気に入りなんだよね。ごめん、ごめん。


先日もソファーの上のタオルケットを床に置いたら…

タオルケットが無いと嫌なのね?


本当にこの子達はワンダムの癒しです。


ぼくのこともわすれないでください。


忘れる訳、ないでしょ?チーズはおかぁちゃんの秘蔵っ子なんだから…


義父のお墓の斜め後ろに新しいお墓が出来ていて、「ペット達のお墓」となっていて墓石がワンコとネコと仏様の彫刻像になっていました。


ワンダムは自分が死んだ時はワンダム家のお墓には入らず、クローゼ、チーズ、ミルミルのお骨と一緒に散骨して貰える様に夫に希望を出していますが、夫は「それは息子1や息子2に言ってくれ。」と言って、自分が先に逝く予定にしています。


それも困るんですけど。


それにしても、人間のお墓に愛する家族のペット達が一緒に入れないなんて、なんか悲しいです。


一緒に入れない位ならワンダムが入らないでワンコ達と一緒に海に彷徨います。

希望は行って凄く良かった、メキシコのカンクーンの海ですが、難しいので、太平洋側なら何処でもいいです。(^^;)


ミルミルのお骨も7年になりますが、未だに自宅保管です。


葬儀場で納骨する事も出来たのですが、とても手放せませんでした。😢


帰りの車では、眠くなってしまい、何時もなら夫の為に起きているのですが、スッカリ寝込んでしまい、久々に凄く気持ち良く眠れました。


夫にも「もう一往復して欲しい位、気持ち良く眠れたわ。」と言ったら「後ろにお布団が積んであったから座席を倒せ無かったのに、良く寝てた。」と言って「良く寝られて良かったね。」と言われました。


最近は朝3~5時に目が覚め、起きてから、数時間してから耐えられない眠気に襲われ、睡眠が上手く取れていません。

普通の人の様に夜寝て、普通の時間に起きて生活すると云う、普通の人が簡単に出来る事が本当に難しいです。