双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

今日から6月。昨日は生きている意味が解らないけど、Appleの代理店へ行ってきました。

ブログタイトルがブログ村の方でもやっと変更出来ました。迷惑メールが多過ぎるので、パソコンからの受信制限をしていた為、変更の確定が出来ていなかったのが原因でした。


ここ数日iphoneの不具合が色々出て一昨日はAppleに電話をして2時間かかり、結局バッテリーの問題という事で昨日予約してAppleの代理店へ行って来ました。


その前に天気予報が外れて晴天になったので、洗濯機を2回、回して洗濯物を干しました。退院後初めてです。


30分弱で着く代理店へ2:30に家を出て行き、パスワードが2,3日前は合っていたのに、何度やっても出来ず、再設定しこれで時間がかかって、バッテリーを交換して貰ったら代理店側のパソコンがおかしくなり、また時間がかかり、トータル2時間もかかりました。


5/31までの限定販売の「たねや」のよもぎ餅を買って帰りました。今年は初めて食べて最初で最後です。

帰宅しiphoneを同期しようとしたらiphoneのパスワードを求められ、判らずAppleにまた電話したら、Appleでもこれは判らない。と言われて思いつく限りのパスワードを入れ、何とか同期出来、元の様に使える様になりました。


一昨日は診察と薬局だけで、疲れ果てて4時間も寝て、昨日はiphoneに振り回されて、疲れ果て。洗濯物は畳まず仕舞い。晩御飯も食べず。


相変わらず、生きている意味は解らないけど、生活して行く上で欠かせないiphoneを使える様にして来ました。


やはり、他の人達はお仕事や趣味、子育て、介護などやる事があるから生きているのだと思います。


私には家事、ワンコの世話、働かなきゃいけない。と言う「やる事」がありますが、働かなきゃいけないは今はどうしようもありません。許可が出たところで、気力、体力的にも無理です。これが本当は一番の生きている意味になるのですが。家事、ワンコの世話は夫が中心になって子供達も協力してくれれば私がやらなくても済む事です。


実際、お掃除はヘルパーさんにやって貰っていましたから。


お料理もヘルパーさんにやって貰いたいけど、お料理は自分も参加しなければ、ならないらしいのと、作って貰う為の食材を買わなければなりません。(苦手なメニューを考えなければなりません)そして、最大の難関はクロとシーがヘルパーさんが来ている間中、吠え続けて近所迷惑になる事です。(1時間半)


ケージに入れておかないとヘルパーさんを噛むし・・・

お掃除にしてもクロシーの居る間はヘルパーさんはお願い出来ません。

当面、家族にはスーパーのお弁当か外食で我慢して貰います。


昨日、長男に「お仕事どう?」と聞いたら「楽しい」と言っていました。羨まし~。

そして、安心ですね。


二男も学業、部活に励んでいるし、みんな「やる事」があっていいなぁ。


友達は家族の為に生きる事を勧めてくれましたが、病気に苦しめられて何で生きていなければならないのだろう?と考えてしまいます。自分自身の楽しみや生き甲斐が無いと、やはり生きている意味が解りません。


最後になりましたが、閲覧歴がもうすぐで77,777カウンターになります。沢山の方々にブログを始めて1年でこれだけご覧頂き感謝致します。