双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

久々に大笑いしました。

昨日は3ヶ月振りと思ってたら4ヶ月振りのお稽古の日で、先生も楽しみにしていて下さったらしく、ワンダムが一番に着いたのですが、そこから爆弾トークが始まって、昨日のメンバー4人が揃っても、お稽古が始まらず、お喋りが止まらず、昨日のお稽古は難しい事を習う場面だったのに、お喋りに夢中になって集まって1時間もしてから、漸くお稽古が始まりました。


もう、笑いっぱなしでした。🤣🤣🤣


先月末に暑気払いでお稽古のメンバーで集まりましたが、欠席した人が昨日は参加していたので、その人の近況を聞いたり、先生のお子さんの話から芸能人、政治家の話とオバチャンの井戸端会議状態で…


お稽古の方はサクッと終わらせ、生徒がやっている最中に先生はコーヒーを沸かし始めて、もうお茶の準備をしていました。😁😁😁


先生はレッスン付けるよりもお喋りがしたかった様でした。


お稽古が終わってからも爆弾トーク炸裂で、次のお稽古の方が来るからと大急ぎで片付け始めたら後30分は居ても大丈夫だと分かり、一旦腰を上げたのに、また座り直してお喋りの続き…


先生、次のレッスンで声が枯れなかったかしら?と思う程、お喋りしまくっていました。


その後、ランチへ行こうとの流れになったのですが、ワンダムは食欲が無いので断ったけど、飲み物だけでもいいから…と言われて、お喋りで喉も乾いていたし、昨日のメンバーなら楽しくお喋り出来る人ばかりだったので行く事にして、ファミレス的なお店でランチして来ました。(ワンダムはドリンクバーだけでしたが)


それで、暑気払いから半月ばかりしか経っていないのに、更に痩せたので、みんなに「何でそんなに痩せたの?」との質問攻撃に遭ったので、「精神的ショックな事があって…」とだけ答えたら、それだけでは許されず、「息子1の事?」「息子2が勝手にアメリカ国籍を選択してたとか?」…まぁまぁ色々尋ねられ、追跡を許してくれそうに無いので「まぁ、ここに居るみんなには起こり得ない事だから、みんなは心配する事じゃないよ。」とだけ答えたら、益々、興味をそそってしまった様でした。


気遣いの出来るメンバーですが、話をしたところで、こんなにも心を悩ませる事が無い幸せな友達ばかりだったので、話しても理解はされないと思ったし、自分が惨めな思いをするだけと思って結局、本当の事は話しませんでした。


それからは4人中3人がワンコを飼っているので、お犬様話になり、ひとりワンコを飼っていない友達は息子さん2人のママなので、長男君は夏に一人暮らしを始めて、家が急に寂しくなったし、残ってるのも二男君だけだから、将来的にムスメの様に帰って来てママとお出掛けとか有り得ないのでワンコを迎えようかと考えてるけど、ずっと息子中心の生活をして来たのに、ワンコをお迎えしたら、今度はワンコ中心の生活になってしまいそうだから、迷ってると言っていました。


これはチーズの小さい頃のお写真です。

クローゼと二匹で写っているお写真をスマホの待ち受け画面にしたいのですが、iPhoneが進化途中に待ち受け画面にお写真設定すると、お写真が拡大されてしまい、2匹一緒に画面に入らなくなってしまったので、末っ子の愛するチーズのこのお写真を待ち受け画面にしています。


このスマホの画面を見せて「もう、息子同然だからね。ウチは息子1から4まで居るからね。」と話したら、フレンチブルを最近お迎えした友達はワンちゃんが女の子なのに「マイスウィティー♪」と呼んでいるとの事でした。本当の名前は別にあります。


その友達はランチも食べ終わり、ひとしきりお喋りもしたので「ワンコが気になるから先に失礼するね。」といそいそと帰って行きました。


ワンダムもランチして帰るつもりは無かったので、ワンコ達の事が気になっていて、「私もそろそろ…」と言って、それが潮時となり、解散しましたが、ワンダムの激ヤセの理由の質問以外ではお稽古の後も笑いっぱなし、ワンコの可愛さを語り合い楽しい気分で過ごしました。


お留守番ありがとう。

おみやげはないんですか?


クローゼ、チーズ、ゴメン🙏