双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

負け犬決定?

昔「負け犬の遠吠え」って本が出て、読みましたが、確かある程度、歳を取った結婚出来ない作者(女性)が書いてて、高齢の独身女性を「負け組」と言う様になった様に思います。


ぼくはまけいぬですか?


違う、違う。


じゃあ、おかぁちゃんまけちゃったの?しょんぼりです。


そうみたい…(ノД`)


人にはそれぞれ価値観があるので、ワンダムは高齢独身女性を「負け犬」とは思いません。


寧ろ、公務員になって、定年まで働くつもりだった、自分が何も役に立たずにフラフラしているの事を「負け犬」と思っています。


昨日も朝4時に目が覚めたので、起きましたが

(9時まで寝ている予定でした。)6:30頃から急に眠くなり、8:30まで寝てました。

スリープサイクルの分析に拠ると寝たのは2時間だけでした。


夏休み初日の夫は11時過ぎまで寝ていました。


なので、土曜恒例の買い出しに出たのは14時も過ぎてからです。


帰宅後ご飯の支度をしたら、何だか眠くって眠くって…

ご飯を食べる前に寝てしまいそうでした。


こんなんじゃ、とても働けません。


この前までは3ヶ月も3~4時間睡眠だったので、ヒマでヒマで仕方なかったので、パートも3~4時間位なら…と思って働き始めましたが、納得の行かない、タダ働き残業で辞めてしまい、次は健康診断で引っかかるので、諦めたアルバイト3ヶ月…


一昨日も10時になるまで身体が起きなくて、使い物にならず、やっぱ定期的な時間に働くなんてムリ!と思いました。


諦めの悪いワンダムですが、流石に「負け犬」を認めざるを得ません。


文筆家にでもなって、本が売れれば収入は得られるし、作家になって、何かの作品を作って売れれば収入を得る事も出来ますが、文筆家なら紙一枚と鉛筆1本から始められるので、初期投資も少なくて済みそうです。


こんな事まで考えてしまいましたwww


文筆業なら1本当てれば、印税で平均年収分位は稼げるかな?

例え1年だけの事であっても。

しかし、天はワンダムに溢れる才能を与えてくれませんでした。


老後の事とか考えると夫と9歳も歳が離れているので、ワンダムが年金を貰える様になるのは夫の9年後です。😱


子どもも成人するまで育てたし、早く死にたいです。


今直ぐって訳じゃないけど、息子3と4の面倒をみたら、お役目御免で構いません。