双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

毒か薬か紙一重の精神薬(レボトミン)

精神薬は脳に直接作用するから怖いです。


こんな病気にならなければ飲まずに済んだのに…


2年前に不眠が酷くて入院したのに、入院した途端に過眠になりました。


疲れが一気に出たのかも…と言われていましたが、それ以来ずっと過眠に悩まされ続けていました。


ワンダムは重篤な睡眠障害があるので、眠剤の他にも眠気を催すお薬をたくさん飲んでいました。(なう)


中でも数ヶ月前に勝手に断薬したレボトミンは強力な鎮静作用のあるお薬で、過眠で一日が終わって仕舞うのが辛くて、少しずつ減薬して頂いてましたが、ハンサムダンディ主治医の診察が2週間空いた時に勝手にゼロにしてしまいました。


それからは過眠になる事は無く現在に至ってます。


レボトミンは強力な鎮静作用の他にも呂律が回り難くなったり、強力な便秘になる副作用もありました。


今も不眠に悩まされていますが、レボトミンの効果を持ってしてもレボトミンは人を廃人にしてしまうお薬と思えます。


怠くなり、うつになり、体重増加し、起きられなくする、動けなくする…


昨日は寝たのが0時過ぎで目覚めたら2時でした。

いい加減にしてよ〜!と思いましたが、頓服のルーランも飲まずにまた寝ました。3時頃には起きてました。


時間はあって眠いのに眠れないのも辛いですが、昨日は朝から用事があって、起きていなければならないのに、眠くなってしまい、短時間ですが、アラームセットして眠りました。


睡眠の塩梅が上手く行ってませんね。


2時に目覚めた時にルーラン8mg飲んでおくべきでした。

しかし、先日は8mg飲んでも1時間置きに目が覚めてしまい、ルーランの効果ナシでした。


なので、レボトミンの様に精神薬は怖いので、効果を感じられなかったり、強く副作用が出てしまう時はなるべく飲みたく無いのです。


何故かいつもと違って距離を置いて寝てました。何があったのかなぁ?

おかぁちゃんに教えてよ。