双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

少し強くなった。

昨日はまた、息子1と2のせいでイライラする事になってしまいました。


折角、落ち着いたと思ったのに…


でも、ハンサムダンディ主治医のアドバイスで、ワンダムは少し強くなりました。


イライラしてもしょうがない。


なる様にしかならない。


認知行動療法のやり方と一緒ですね。


物事の捉え方を変える。


さてさて、昨日は予定通り、夫に半休取って貰って病院に行って来ました。



ここは、もしかして…


ぼくのきらいな、びょういんさんでは?



また、いやなこと、されるのかなぁ?



ぶるぶる((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタ






この下は閲覧注意です。ちょっとグロいお写真です。






左目が真っ赤っかでした。

でも、日曜日よりは良くなっていました。

細菌感染とか、緑内障とかの検査もしましたが、外傷との事でした。


耳にも表と裏にぷっくり膨らみがあったので、擦ったら、かさぶたで血が出てしまい、序に先生に診て頂くと、「噛まれたみたいですね。」との事で、確かに表と裏のほぼ同じ位置に同じ大きさのかさぶたが出来ていました。


これには、心当たりがありました。


ドックランでは無く、お散歩中に猛犬に噛み付かれた様な出来事があったのです。


絡んだ時にクローゼがキャンキャン💦と鳴いて逃げたので、何処か噛まれたかな?と思ったのですが、直ぐに歩き出したので、深く調べませんでした。ごめんねクローゼ…( ´・ω・`)


肛門の方は肛門腺絞りをした時にギャーっって叫んで、夫を噛み付く勢いだったそうで、私が見に行ったら尻尾がお股の中に入り込んで、怯えていました。


先生に診て頂くとまた、尻尾がお股に入って、イヤイヤしてました。


肛門は異常が無い様だけど、肛門周りの皮膚が荒れてると言われて検査して貰い、結果、ばい菌が多く、白血球も多いので抗生物質の内服になりました。


目薬も朝晩、さすことに…( ´・ω・`)


目薬は二人がかりでやる様、やり方を教えて頂きました。


トム君も目薬大変でしたよね。トムママさんはひとりで大変だったと思います。


先生も目の出血は「あら、酷い!」って驚かれてて、日曜日に気付いたのに、火曜日にやっと来た…って感じにそんなに前に…と言われてしまいました。


ドックランで他のワンちゃんとぶつかったりした様子も無かったので、お留守番の時に、何処かに家の中でぶつけたのかも知れません…


真相は闇の中…


ワンダム、アメリカでも名古屋でも、車の運転はスイスイやってて、首都高とかも走ったりしてた事もありますが、この病気になってからは、運転を止められてゴールドのペーパードライバーです。😓


こういう時に役に立たない…頼りないおかぁちゃんです。


でも、色々検査をして頂いたりお薬も2種類出て、結構な金額になったので、タクシー代が浮いて助かりました。


ごめんね。クローゼ…😢


診察後の余裕のクローゼ




昨日は思った通り、クローゼがお昼のお散歩拒否したので、チーズとだけ1時間半のお散歩に行って来ました。


夫は疲れてるから、夕方お散歩には行かないよ。と言ってたので、おとうちゃんが居たら絶対にクローゼは夫とワンダムが揃わないと歩きません。


なので、朝も拒否されたけど、お昼なら完全におとうちゃんはいないので、歩くかと思ったのですが…(夫が帰宅したのは14時です。)


気難しい子です。


ぼくは、あるくのだいすきです。