双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

危険な女⚠️その2

昨日の記事を読んで下さった方が「実は私も似ています」と書いて下さった方がいらっしゃいまして、少し安心したワンダムです。(^^)いい事じゃないけどね。


ワンダムは重篤な睡眠障害があります。


その為、優しい夫は少しでも良く眠れる様にと、家を買った際に、某有名メーカーの約20万円もするベッドマットレスを買ってくれました。


ベッドフレームも一緒に買って貰いました。



で、配達の日…

届いたフレームを開けて貰ったら、マットレスを置く部分に大きな亀裂(割れ)が入っていました。

持って来た人も「これは、明らかに誰かが乗っかって出来た亀裂ですね。交換します。」と言って一旦、帰りました。

午後イチで新品をお届けします。と言って帰ったのですが、故意にやったかの様な不良品に先ず怒りが湧きました。

本社に電話して文句を言いました。(多分、躁転していたんだけど思います💦)


🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒🕒


そして、午後になって出掛ける事も出来ず、待っていましたが、一向に届く気配無し。


また、本社に連絡しました。平謝りで、もう少しお待ち下さい。と対応は良かったので、我慢して待つ事に…


配送の人から連絡が来る事になったのに、連絡も無し。


やっと16時過ぎにピンポーン!


その日は雨も降っていたのですが、イライラMAXになっていたワンダムはインターホン越しに、「午後イチに届けるって言ってたのに、来なくて、本社に連絡したら、いつ頃届けられるか連絡してくれると説明を受けたのに、謝罪も無し、連絡も無しで今頃来られても、受け取れません!💢」と返答しました。


配達の人は「すみませんでした。でも、雨の中、ここまで持って来たのだから入れて下さい。」と言いましたが、「結構です!お帰り下さい!」と断り、ワンダムは20万円もするベッドマットレスを未だに割れたフレームのベッドに置いて使っています…


後日、本社からは謝罪の文章と共にお米10kgとスペイン製の上品なベッドシーツのセットが届けられました。


この、おフランスベッドメーカーの対応に皆さんも同じ様に怒るのでしょうか?


それともこんなに怒るのは躁転してるワンダムだけ?


自分で選んだ事だけど…割れたフレームって無いよなー(T_T)と思います。

よくよく考えたら、交換を受けて、後日本社にクレーム付ければ良かったです。


この件に関して、皆さんからのコメントお待ちしております。


おかぁちゃん、ぼくたちみたいにおだやかにすごそうよ。


危険な女⚠️シリーズは明日までです。