双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

双極性障害者(わたし)の食事事情

昨日も、以前も書きました様に毎週末、翌週1週間分のメニューを考えるのに1時間以上費やしています。


そして、作る物が決まっていても、昨日みたいに、作り方をシュミレーションしているだけで、疲れてしまい、やる気を失くす事もしばしばです。


双極性障害になってから、(鬱病の時から?)ヨシケイを長い事、利用していました。


でも、食べ盛りの息子2人と大食漢の夫の4人暮らしでは、ヨシケイの食材では、4人前でも全然足りてませんでした。


それに、息子からは不評で…


私としては、ヨシケイを利用していると週末の買い出しも簡単だったし、何しろメニューを考え無くていいのがポイントでした。


入院中と退院直後はワタミの宅配食を利用していた事もあります。


高いし、量が少ないし、これまた、息子から味付けが不評で…


ヨシケイは3~4年お世話になっていました。


でも、もう、戻るつもりはございません。


夫と二人暮らしになったら、戻るかも知れませんが…



話変わって

昨日auショップで待ち時間にPORAの方が出張無料サービスでハンドマッサージをして下さいました。


昨日も眠くて怠かったのですが、マッサージをして下さっていた方に手のツボを押されて「肩がパンパンに凝ってますね。パソコンとかのお仕事されてますか?」と反対の手をマッサージして下さった時も「こっちも酷いですね。」と言われました。


そうでしょう、そうでしょう。とは、言わなかったけど、身体中が怠くて肩凝りもしてましたからね。あと、頭痛も。


こんばんのおかずはなにかなぁ?


キミたちはカリカリですよ。お零れも貰えるかもね。