双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

診察日(精神科) 精神疾患患者の運転

昨日は精神科受診日でしたが、一昨日の日曜日、余りに私が「怠い、怠い、怠い…」と言い続けていたので、夫に「月曜日、病院に行けるの?」と言われてしまいました。


もう、眠くって大変だったので、起きられないといけないと思いサイレース2mg(アメリカに持ち込むと逮捕される強力な眠剤)を飲まずに眠剤はベンザリンだけにして寝ました。


うふふ…上手く行きました。入眠に1時間程かかりましたが、朝は割とスッキリ起きる事が出来て無事病院へ行けました。


ハンサムダンディ主治医に「疲れて仕方が無いです。鬱の所為でしょうか?」と尋ねると「調子の波でしょうね。」との事でした。「そんなに疲れているのに良くお散歩に行けましたね。」と言われて「眠れる時と眠れない時が分かる時があるんですが、眠れる時は昨日の様にサイレースを飲まなくてもいいですか?」とお聞きしたところ、「いいですけど、ずっとはダメですよ。」と言われて「勝手に飲むのを止めたりはしません。」と答えて来ました。


日中動いてその疲れで寝られる様になるのが理想ですよね?


ただ日曜日の様に何もしないのに疲れ果てていると、友達との約束も出来ません。


お散歩すら、気合を入れないと行けないのですから…


かと言って疲れてるから動かないでいると、益々体力が無くなります。


困ったもんだ…


然し、昨日は調子が良くて、通院して銀行寄って来たのに帰宅後、洗濯、お掃除、ご飯の支度etc.…沢山の事が出来ましたp(^_^)qご機嫌です。


最近のニュースで、てんかんの患者である医師が、道路に乗り上げ死傷者を出した事に対する判決で「薬を飲んでいたとはいえ、医師である被告は癲癇の発作が起きる事を予期出来る筈なのに運転した罪は大きい。」と有罪判決で執行猶予無しの5年の刑が出たらしいです。(うろ覚えなので、間違っていたら、ご指摘下さい。)


てんかんは昔は三大精神病の1つで、私が以前入院していた時も癲癇の方が入院して来られました。今は鬱、双極性障害、統合失調症が三大精神病だそうです。てんかんは神経内科。


なので、精神病患者の運転とはちょっと違うかも知れないですが、精神病の人は大概、車や機械の運転はお止め下さい。と書かれたお薬を飲んでいると思います。

一体どの位の方がその指示に従っているのでしょうか?

田舎で車無しでは生活出来ないし、田舎の為、車道が広く事故の心配も余り無いからと運転している方も沢山いらっしゃると考えています。


ワンダム地方はそこそこ都会なので、道幅も狭くタクシー等、強引、乱暴な運転も多いので、辞めてしまいました。


閑静な住宅街に住んでいるので、タクシーは呼ばなければ乗れません。


迎車料金も掛かるし、タクシー代も馬鹿にならないので、クロシーが病気になった時は本当に困ります。


でも、遠い病院の先生方がとても良く、近所の病院は2軒行きましたが薮医者でした。


話が逸れましたが、重度の精神疾患の方には運転は辞めて欲しいです。広々とした田舎道ならいいですが…(これは近所の奥さんに対して思っている気持ちです。)


ご気分を害された方がいらしたら、済みません。

日曜日の続きです。