双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

「普通」の人

昨日は一睡も出来なかったので、夫が会社へ行ってからソファーで座ったまま1時間程寝てしまいました。

でも、その1時間を除けば、昨日は「普通」の人でした。

掃除機掛けて、モップ掛けして、洗濯して、シャワー浴びて、テレビ観て、ダンベルやって、ご飯の支度をして、読書に時間を費やし、漢文の勉強もちょっとだけだけですが、やりました。

退院後のスケジュールを全てこなしたのは、昨日が初めてです。


気分も悪くなく、高くもなく、至って「普通」の人でした。


毎日、こんなだったら、どんなに暮し易いかと思いました。


気分がこの所「普通」が続いています。それでも、家事は中々出来ませんでした。毎日出歩いていた所為もありますが…


お掃除無し。お夕飯手抜き。洗濯物だけが、辛うじて梅雨なので、頻繁にして室内干ししたりしてました。


掃除機を掛けると汗をかくので、お掃除の後にシャワーとスケジュールを決めていたのですが、やっと昨日、実現出来ました。


後は昨日は何故か、凄く沢山の方々からコメント頂きました。朝からスマホが鳴りっぱなしでした。


コメント下さった方々、この場でお礼申し上げます。m(_ _)m


昨日、職業適正検査サイトで公務員が最適と出ましたが、結果の真偽の程は定かではありませんが、公務員の様に安定して、コツコツと働く生活と、この病気とは大きく乖離していると思いました。気分のアップダウン、不眠と過眠。

全然安定していません。

公務員になっていたら、この病気にならなかったのかも…


或方が書かれていましたが、そもそもメンタルクリニックに通わなければ、鬱で終わっていたのかも知れないと考えています。


ただ、鬱を発症してメンタルクリニックを受診した時は直ぐに入院を勧められる程の重度の鬱だったので、メンタルクリニックへの通院は避けられなかったと思います。


頭がスッキリして、読書が出来る。こんな幸せな事はありません。


今は倫理の国語様お薦めの横溝正史の「獄門島」を読んでいます。後は「犬神家の一族」閻魔藍様お薦めの「悪魔の手毬唄」を借りています。


つつじさんお薦めの「私を離さないで」も読むつもりです。


本を読んでいると没頭してしまい、他の事に手が付かなくなるのが難点で、漢文の勉強の時間も確保したいところです。


さあ、今日も「普通」の人であれます様に…


お散歩していても、クロは舌を出して暑がる事は無いのですが、シーは何時も舌を出して歩いています。

躾教師にも通ったのですが2匹ともグイグイ引っ張って、他所のワンちゃんみたいに、オーナーの後に付いて歩く様な子達ではありません。😓

何処へそんなに急ぐのかというお散歩です。もっとゆっくり歩いて、クロは嫌がらずにお散歩してくれれば、私も毎日、お散歩頑張るのにな。