双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院30日目 無事、退院しました。

昨日は待ちに待ったクロシーとの対面の日でした。

退院に際して、沢山の方々から、おめでとうのコメント有難うございました!


クロシーは私の事を待っててくれました。


毎週土曜日に夫がお見舞いに来てくれた時に私の匂いを持って帰ってくれたのかも知れませんね。


ソファーに座る前から部屋に入るなり、寄って来て口周りをぺろぺろ交互でもなく、競う様に顔中舐め回され歓迎の挨拶をしてくれました。


昨日は退院でしたが、睡眠は1回頓服を飲んで、また目が覚めたけど、頓服を飲まずに横になっていたら、自然に眠れて朝も7時迄ぐっすり眠れて理想的な睡眠が取れました。


今回の入院で過眠が随分減ったのが収穫でした。過眠の所為で漢検の勉強の時間もありませんでしたから…


明日はいよいよ漢検の本試験です。


次男と同じ会場だとばかり思っていたのですが、違う所でちょっとショックでした。(次男は今回受けません。ショックだったのはちょっと遠い所でだったからです。)でも、夫の通っていた大学で学園祭に行ったり、次男が高校受験するので願書を買いに行ったりした事があるので未知の場所で無いのが救いです。


昨日は夫が何もないからと、スーパーに寄ってお弁当やおかずを買い、私のベッドの上が洗濯物の山になっていたので、夫と汗をかきながら、畳みました。クーラーを入れれば良かったのに、暑がりな夫がクーラーを我慢しているので、点けにくかったのです。😅


病院はクーラーも入っていて快適に過ごす事が出来ました。でも、自宅の方がいいですね。しみじみ…


荷解きをしてご飯を食べて、ソファーで寛いでいると、ワラワラとワンコ達がやって来ました。


その前もぺろぺろ何度も舐められていましたが。可愛がり開始です。

珍しくクロのお写真がたくさん撮れました。


先日、肩が凄く痛かった話を書きましたが、余りに痛くて昨日、病院の帰りにクリニックの前で下ろして貰い、整形外科にかかって来て注射を2本打って貰いました。5時間余りして、漸く首が回る様になりました。

矢張り四十肩らしいです。夫は五十肩だと言うので、先生は四十肩だって言ってたよ。と言ったら「アラフィフ肩」なんて言ってました。((´∀`))ヶラx2


可愛いワンコ達は矢張り交互に私のお膝の上で寛いでいましたとさ😆


今日からはまた大変な日々が始まります。

肩の力を抜いて頑張ります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。