双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院29日目と30日目 退院\(^o^)/

昨日は入院29日目で、今日は30日目、退院の日です。

予約投稿記事の為、退院後の事は明日の記事になります。


退院の前日、入院29日目は寝不足から良く眠れて、午前中11時頃までウトウトしていました。

心理検査の結果も知らせてくれました。(ロールシャッハ・テストと文章完成法テスト)の結果です。


矢張り、私の心理状態は子どもの頃の親の態度が大きく影響していると言われました。


先生も口頭でも「子どもの頃と言うのは人生で一番最初の出来事ですから、後に与える影響は大きいです。」と仰っていました。


子どもの頃の体験が他の場面でも繰り返され(フラッシュバック)てしまうのでしょう。との結果です。他にも色々書かれていましたが、端折ります。


やっぱり所謂、「毒親」に育てられたんだなぁ…と思いました。


他の方々で私以上に酷い目に遭っている方々をブログを通じて存じ上げていますが、程度は違えど、子ども時代に傷心になり今に影響している事はは間違えありません。


最近では、殆ど親の夢も見なくなり平和に暮らしています。ただ心理検査の後に弟が夢に出て来ました。


弟は一応は常識的な所はあるけど、親に大切に育て上げられているので、立場は違います。


話は変わりまして、同室の方ですが、最近入って来た方は4回目の入院だと仰っていました。


摂食障害ですが、食事中にゲーゲー吐きながら食べるので、それを聞くと食欲も失せます。


本人も食べようとしているのに、吐いてしまうので辛いとは思います。


でも、そんな生活からは今日でおしまい。


その代わりお三度とお掃除、ワンコ達の世話が待っています。


お三度は正確にはお夕飯だけでいいのですが…


(朝はトーストと紅茶を淹れるだけ。息子は食べません。)お昼は私がヨーグルトとか食べるだけ。お夕飯が3人バラバラで面倒です。


息子なんて夜の11時半位に帰って来て「もう食って来た。」ということもしばしばです。


何時も入院すると2kg位痩せるのですが今回は1kgしか痩せませんでした。


あ〜あ、今日ワンコ達に会うのが楽しみです。(*´ω`*)サマーカットだけど、モフモフで温かく柔らかい可愛い子達💕キュンキュンします。


私がソファーに座ると飛んで来てお膝の奪い合いです。それを考えるだけで幸せな気分になれます。ここでも、不器用なクロは後から来たシーにでも押しやられ、お膝から半分落ちてくっ付いています。


シーが要領がいいのか?クロが鈍臭いのか?

シーのみ登場です。

マナーウェア装着前

真っ黒なお目目で見つめています。👀


待っててね!15時過ぎにはお母ちゃんも帰るとと思うからね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。