双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院27日目 少し復活

昨日も朝は起きられずラジオ体操には参加出来ませんでしたが、寝汗をかいて気持ち悪いので、シャワーだけは浴びようと起きました。


階段の昇降は13時からとスケジュールにはなっているのですが、シャワーを浴びた後に汗をかきたくなかったので、恥ずかしかったけど、パジャマのまま、階段の昇降をしました。


精神科ではパジャマのまま、お昼も過ごしていると、恥ずかしい気持ちになります。


半分くらいの人もそう思うようで、ジャージとかルームウェア等、楽な服装をしています。


私は半袖にマキシ丈のスカートで過ごしています。


今回の入院では、摂食障害の人が凄く多くて驚きました。今の同室の人も2人も摂食障害です。

鬱だった人は一昨日、退院しました。その前に退院した人も摂食障害でした。


昔、入院していた時にサッカーで意気投合した13歳位年下の男性も摂食障害で何度も入院していましたが、(2回入院の時期が重なった事があります。)彼は中2の時から26歳まで摂食障害で内科にも入院する程身体がボロボロでしたが、健康になりました。


一緒に映画を観に行った事もあるのですが、久々に会う時に「俺って判らないかも。」と言っていた様に顔が真ん丸になって、別人の様に健康になっていました。


2年位前の暮れにメールをしたら、「今度のお正月は彼女の家で過ごす。」と書いてあったので、今頃は結婚して幸せになっているかと思います。


もう一人、矢張り入院が2回重なった人も摂食障害を克服していました。女性です。


入院する程、重度の摂食障害でも、治るんだなぁ。と思いつつ、双極性障害は一生付き合わなければならない病気で厄介だなぁ。と思います。


今は入院しても、月の医療費支払いが2万円を超えた場合、夫の会社、健保から補助が出るので、保険金と合わせると黒字になりますが、夫が退職後は保険金だけでは、賄えないので、入院も防ぎたいところです。


それまでに治せるか?と言っても治らないのがこの病気…。


厄介な荷物を背負ったものです。(´Д`)ハァ…


漢検の勉強はしなかったものの、読書は出来て、まぁまぁ復活しました。


一昨日の無気力感は何だったのでしょう?


家に居るとよく、そうなります。そして何もかも置いて寝てしまいたくなります。


今回の入院では初めて、早く退院したいと感じています。


病院に居る事が退屈になったのでしょうか?


帰宅したら、家事とか出来るのかな?


おやすみワンコ達


昨日載せた漢検の準1級の問題に関して数名の方から「難しい」とコメントが寄せられました。難しいですよね~。

私が受かるには年単位の時間が必要です。( ˘•ω•˘ ;)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。