双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院14日目 躁転?

昨日は夜の消灯9時から毎1時間毎に頓服薬を飲んだけど、結局朝の4:30迄全く寝付けませんでした。

朝の4:30になったら、流石に読書灯を点けてもいいだろうと思って、読書を始めたら途端に眠くなりました。(^ω^;);););)


30分程寝て、5時からまた起きていたのですが、朝食後(7:30)また眠くなってウトウトしていると、看護師さんが検温に来て私は半分寝たまま、されるがままに血圧を測ったりしました。


で、看護師さんがシャワーの予約をして来てくれる。と言うので、お任せしたら11時からで、それまではウトウトし続けていましたが11時前になると、義務として起きてそれからは、躁転気味に階段の昇降をしたり、漢検の勉強を夢中になってやったり、力が漲っているのを感じます。


ただ、朝方は眠くて寝ていたので、完全な躁転とは言えません。気分はスッキリしていました。


然し、グループ医長にお会いした時、「今日、躁転してませんか?」と言われ「あれ?解りますか?」と聞くと「顔付きが違って目が開いてるし…」と言われたので驚きました。


一昨日は漸く眠れたと思ったら昨日は一睡も出来ず。今晩はどうなるのでしょう。


躁転気味なのは続くのでしょうか?


病院はエアコンが入っていて、昼間は快適に過ごしていますが、就寝の間は切ってしまうので、暑くなり、昨日は寝付けず暑さが余計に感じられました。


クロは元気に走り回っているそうです。(*≧∀≦*)


今日から6月ですね。私の入院生活も折り返し地点に来ました。早いものです。