双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院13日目 漸く眠れる様になりました。

一昨日は酷い鬱で、ラジオ体操以外、何もスケジュールをこなす事が出来ず、一日中、ベッドで過しましたが、昨日は23時に頓服薬(レンドルミン)を飲んでから朝までグッスリ眠れました。漸次、眠れる様になればいいのですが。


そうすると、全てが順調に行き、ラジオ体操に始まってシャワー、漢検、ネット、階段の昇降、テレビ、手紙を書く、と一日を無駄に過ごさず済みました。


階段の昇降は面倒臭くて、疲れてもいたけど、頑張ってやりました。


1階迄降りて直ぐに上がるのは疲れるので、郵便局に寄って切手を見て来たら、可愛いスヌーピーの切手が発売されていたので、また戻ってからお金を持って、また降りて買いました。

スヌーピー大好きなので、どちらも2シートずつ買いました。


スヌーピーの便箋で書く時にはピッタリですね。


でも、昨日出した手紙の切手は紫陽花です。

もう、紫陽花の季節ですね。今日で大好きな5月も終わり。


研修医の先生も今日迄で、また明日からは違う先生になります。


心配していたクロですが、朝、夫からのLINEで、クロ、良くなりました。\(^^)/半休取り消して会社に向かってます。と言って来ました。「もう、無理な長時間散歩は止めます」とも。


昨日はグループ医長の先生がいらして、運動の話から犬の話になり、先生はフレンチブルドッグを飼ってらっしゃるそうですが、フレンチブルドッグもダックスフンドと同様、ヘルニアになり易いので、長時間のお散歩はさせちゃいけません。と獣医さんに言われました。と仰っていました。


長時間散歩もヘルニアの原因になるんですね。知らなかった…


大事な大事なクロが無事で良かったです。しかも、私の留守中に。


研修医の先生とも犬の話になり、先生も昔実家で柴の雑種を飼っていて、外飼いで暑くなると、穴を掘ってその中で涼んでいるんですよ。泥だらけですけどね。なんてお話を伺って、何て可愛いワンちゃんだろう😍と思いました。


クロの鈍臭い所も可愛いし、シーの頭の良い所も可愛くて先生と「どっちにしても、可愛いんですよね。」と言うお話になりました。


クロもソファーを掘り掘りするので、みすぼらしいソファーが一層傷み、益々みすぼらしくなっています。😅ソファーカバーを掛けても一瞬でボロボロにされそうで、まだ1度も掛けた事がありません。😅


クロシー、会いたいね💕

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。