双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院3日目 やっと人間らしい生活が出来ました。

昨日は朝食の時間に起きて、軽く朝食を食べて下膳し、また9時頃までウトウトしていましたが、シャワーを浴びる為に起きて、準備をしました。


それからシャワーの空きを見たら丁度10時から30分の空きが出ていて、やっとサッパリしました。


洗濯も出来ました。


昼食も食べて漢検の勉強もし、階段の昇降をして運動し、「こころ」をやっと読み終えました。速読の私としては凄く時間が掛かりましたが、読むには、漢検の勉強をしてから。と思うので中々手に取って読めませんでした。

矢張り読み返して良かったです。良い本でした。

まだまだ読み返してみようと思っている本を何冊も持って来ている上、図書館からリクエストした本が届いているので、そちらから読まねばなりません。


漢検の勉強は気分転換にやると良いでしょう。とグループ准医長から言われたので、する事が出来ます。


難易度Bの「書き」をやってから、練習問題をやったら9割取れました。本番でも、9割取るのが目標です。でも、「海内無双」(かいだいむそう)なんて、また知らない四字熟語が出て来ました。「こころ」を読んでいても漢字が気になって中々進みませんでした。


読める字でも書く事が出来ない字が沢山あります。「語彙」なんて「vocabulary」とは思い付くのに「彙」は初めて書きました。


一気に勉強すると溢れ返って、頭の中が飽和状態になり、覚えられなくなるので、少しずつやっています。


出来なかった字は翌日か翌々日辺りにやってみると確実に覚えられますが、中には何度やっても中々覚えられない字もあります。


シャワーとか洗面とかお洗濯とか家にいる時より不便な事も有って退院した方が楽かも知れない思いましたが、起きている時は家事の事を考えずに勉強か読書をしていればいいので、矢張り入院して良かった~。と思いました。(ホームシックだったのかしら?)


でも、家事に縛られて重い身体に鞭打って、やるべき事を嫌々やっている事を考えたら、極楽です。(退院後のお掃除が怖いですが…)


夫はお休みの事もあって、登山靴を新調したり、ストックまで買ったり、それなりに独りで楽しんでる様です。


クロをサマーカットに出したので、明日お写真を載せますね。


夫の負担も考えて成るべく4週間以内に退院しようと思います。1ヵ月以上となると、可哀想過ぎるので。


入院3日目にして、やっと人間らしい生活が出来て満足です。

最後にtaka.1様のブログからとても良い物を拝借させて頂きます。


あゝ、思い当たる所ばかり…(^_^;)


夫にも送ると実家の6畳間にも同じ物が貼ってあったわ。ですって(*´艸`)

皆、思う所は同じなのかしらね?