双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

入院当日と昨日のお稽古&勉強の話

さて、今日はいよいよ入院です。

早めに準備したので何かが抜けている様な気がしますが、上良し!下良し!右良し!左良し!後ろ良し!の筈です。

前方確認を忘れてた〜。

(夫に保証人のサインを書いて貰っていませんでした。今思い出しました💡)


その前に昨日のお稽古の事を書きたいと思います。昨日のお稽古は何時に無く真面目なお稽古でした。時間もうーんと掛かり、お茶タイムが終わったらもう14時!次の方々が来られる時間になりました。


昨日は1時間しか眠れなくて、お稽古は〇〇真面目なお稽古で、頭痛がして来ました。


ランチはお断りするつもりでいたら、2人都合の悪い人もいて、私も都合が悪いと断ったので、ランチ無しの解散になりました。

ホッとしました。


入院前の日にランチなんてしていられる気分ではありませんからね。


頭痛もあったので、一昨日頑張っておかずを沢山作っておいて正解でした。


入院前日は1時間睡眠となりました。(o´Д`)=з


入院したら、上膳据膳で助かります。


息子が帰宅したら「お母さん、世界史の本は読んでないの?」と言われました。

以前この本を勧められて読みかけているんです。


この時は午後から夜迄のお仕事をしていた時で結構忙しく、読む暇と気持ちがありませんでした。


「ああ、あれね。今は漢検の勉強が忙しくて…😅」と言うと「俺、日本史の勉強をする事にして、本を買って来たから。」と分厚い本を見せてくれました。


次男は勉強が好きなので、私にも漢検を始め、色々勉強を勧めてくれます。


私が読書していると、何の本を読んでいるのかチェックします。


私も息子が勉強している姿を見ると学生時代、勉強をしなかったので、「今でしょ!」と色々やってみたくなっています。


その為にも早く漢検の試験を片付けなければ…


入院の話は明日以降になります。初日は検査とか色々忙しいんですよね。


環境にも、慣れないから寝られないし。


では、行って来ます。


テーブルに乗っている悪い子がいます。

こんなに可愛いんですけどね。

おこぼれを待つクロです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。