双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

怠い_(-ω-`_)⌒)_

もう、怠くて仕方ありません。

一昨日の通院疲れが取れないのか、昨日も気付いたら15時前!


朝は洗濯物干したので、一応普通の人の様な生活で始まったのですが、二度寝してからは、矢張り2時、3時まで起きられない生活は変わりません。


仕方なくお台所に立ったら、もう、手が濡れるのが嫌で嫌で…


昨日のメニューはお料理も1品しか考えていなかったので、有り合わせで買った蓮根で蒟蒻とキンピラにしました。


メインのメニューは冊子を見て作って、嫌々作っているからお酒と水の分量を反対にしてしまい、凄くお酒臭いお料理が出来ました。


お酒の飲めない私にはスープは飲めません。(お酒臭くて気分が悪くなります。)スープと共に食べるお料理だったのに…


おかしいと思いつつ、面倒臭くて冊子を良く見なかったのがいけませんね。(お水とお酒の量が反対じゃないの?と思っていたのですが…)お肉を沢山使うお料理だったので臭み消しにお酒を大量に使うんだろうと勝手に解釈していました。


実際、義実家ではすき焼きの時に煮詰まって来ると割したでは無く日本酒で薄めて食べています。


毎日、毎日、怠い日が続いています。こんなにも怠い日が続くと心も折れます。


普通の時の自分ってあったかしら?


怠くて、何もする気になれません。