双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

昨日の体調とハンドルネームの由来

昨日は20:30には寝付いて、朝の9時までグッスリ寝ていました。約12時間もグッスリ寝られたので調子がいい筈なのに、起きると(キタ、キター!)との感触がして、原因不明、病名?不明の喉がつる様な痛みが始まりました。食道の辺りが推し広げられる様に痛み、それが徐々に上へ上がって広がって行きます。


精神科入院中にも起きて、心電図をその場で撮って頂いたのですが、(胸も痛むので)心電図に異常は無し、パニック発作と診断されました。


でも、寝ている時にも起きたので、「では、パニック発作ではないですね。」と言われレキソタンも効かないし、パニック発作の経験がある私には違うと感じていたので、納得しました。


消化器内科の先生にも「喉がつるって事、ありますか?」とお尋ねしたところ、「逆流性食道炎ではないでしょうか?」と言われ内視鏡の時に診て頂いたのですが、逆流性食道炎でも無かったです。


痛みが広がるのが短時間で10分位で収まる時はラッキーなのですが、昨日は顎まで痛みが上って来て、痛みが引くまで2時間も掛かりました。


折角9時に起きたのに11時まで痛みに堪え横になっていました。


何か対処方法があるといいのですが…


理由も時間も場所も関係なく起こります。


さて、ハンドルネームの由来ですが、ごく少数の方はご存じかと思いますが、ブログを始めたばかりの頃は違うハンドルネームを使っていました。


でも、ブログを始めた切っ掛けは躁うつ病カテゴリーのブログを拝見していたからなので、時々皆様のブログにコメントさせて頂いていて、その時の、ハンドルネームがブログを始めた当初のハンドルネームと一緒だったのです。


なので、ちょっと恥ずかしいと思い、変えました。


でも、このワンダムと言うハンドルネームも或方のブログへコメントさせて頂いた時に使った名前です。


その方だけには、理由があって「ワンダム」にしました。


その方のブログが楽しみで毎日拝見していたのですが、これまた、古くから躁うつ病カテゴリーでブログをされている方はご存知と思いますが、その方はブログをやっている時が一番楽しい。と仰っていて、東日本大震災の際に、ご主人様が関連のお仕事をされていて、良く当たる占い師さんの様な方に「一番の楽しみを絶たなければ、ご主人様に何があるか分からない」と言われたそうです。それで、ぷっつりとブログを止めてしまわれました。


でも、「ワンダム」にしたら、伊賀山人先生が度々「う〜む、ワンダム」と仰って下さり、先日はkaokoさんも「うーん、ワンダム」とコメント下さり「ワンダム」が親しみがあって良かったのかな?と思っています。


伊賀山人先生は「マンダム」が男の国なら「ワンダム」はワンコの国と言う意味かと思っていたそうです。


ワンダムは私が好きだったブログ主の方のパクリの名前です。余り意味の無い名前なので、以前のハンドルネームに戻そうと思った事もありますが、皆様にワンダムさんと親しみを込めて呼んで頂いているので、ずっとこのままにしておく事にしました。


ただ、ここ最近ワンダムもピンチに陥っているので、若しかしたら、突然ブログ閉鎖するかも知れません。(変な予告でスミマセン)

今日の診察のお話は明日の記事に書きます。


次男のお顔をぺろぺろ~。

手はクロを可愛がりつつ…

遂にクロも愛情に応え…ぺろり👅

選手交代です。

これって、よく私もやられるのですが、このぺろぺろ攻撃、口の中まで舌を入れられたりして、耐えるのが大変です。

でも、とっても可愛いから許します😂💕

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。