双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

お料理の苦労…

昨日も14時起きでした。

1度は夫の為に起きたのですが、お見送りしたら、グースカピー(。´-д-)。o○Zzz


こんな毎日が嫌になります。


それから息子の躰道着等を洗濯しました。

躰道着は大きくて乾き難いので、溜めると大変な事になります。替えも1枚しか持ってませんし。練習はほぼ毎日ですし。


ところで、先日肉じゃがの話を書きましたが、私は作るけど、肉じゃが、好きではありません。

ポテトサラダは好きですが、肉じゃがは味見もしない程好きで無いのですが、家族は好きなので作りました。


皮剥きが嫌いで放置して置く程に芽が出て来てしまい、益々剥き難くなります。


そんな私の気持ちをkaokoさんが分かって下さってコメントに笑わせて頂きました。


kaokoさんのコメントです。


「ワンダムさん、私もジャガイモの芽をむくのがめんどさいです。 ここまで放置した自分を呪いながら、呪いでお腹が当たらないように気を付けながら芽をとってます( :゚皿゚)」


本当にその通り〜。(๑´ω`ノノ゙✧👏


日曜日、月曜日とお弁当にしましたが、昨日は何とかご飯のおかず3品用意出来ました。


奥様を亡くされたごるふぁー13さんも「掃除、洗濯は問題ないのですが、食事だけは大変です」とコメント下さっていて、世の中のご飯を作る主婦の大変さを理解して下さる方々が沢山いる様な気がしてちょっと嬉しいです。


何気なく食べているご飯には愛情と汗と涙が沢山入っているんですよぉ。


夫が若い同僚とお仕事した時に、実家にいた時「ご飯要らない」なんて、何で言っていたんだろう。と一人暮らしをして、ご飯が当たり前にある事の有り難さを実感していたそうです。


ご飯作りが苦手な方ご飯作り頑張りましょうね!(私は昔は好きだったのですが…)


私の友達で4人家族なのに、下宿や単身赴任で一人暮らしをしている友達がいます。

彼女は食事を作るのが苦手と言う事で、毎日スーパーかコンビニのお弁当で済ませているそうです。或る意味羨ましいです。


何か貰えないか待つクロ。後ろ姿に哀愁が…


カメラの音に気付いたようです。


私の所にも来ましたよ。