双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

お昼過ぎの洗濯

ワンダムは過眠で最近は洗濯物をお昼過ぎに干します。

以前は夜のうちに洗濯物を干していましたが、皆、夜にお風呂に入るので、夜に洗濯物が沢山出ます。


次男は長風呂で1時間以上は普通で2時間入っている事もあります。


なので、洗濯物を待っている時間がありません。(なるべくお風呂の残り湯を使いたいのと、次男が使ったバスタオルを一緒に洗いたいからです。)


なので、我が家は杉花粉症の人が居ない事もあり(夫は檜花粉症です)、お昼過ぎに起きてから洗濯機を回して、お昼過ぎに洗濯物を干します。(変な家~)


夫が洗濯機をセットしておいてくれれば、起きて直ぐに洗濯物を干す事が出来るのですが、夫に何もかも頼むのも悪いし…(ちょっと遠慮)洗濯物もしわくちゃになってしまいますし、

夫も息子より先に寝ることもありますしね。


翌日、雨の予報の日はホッとします。

雨が続くと困りますが…


次男は心の病気じゃないかと思う程、私以上にベッドに居ます。


でも、起きて普通に部活や授業に行っているので、今の時期は寒いからお布団から出たく無いだけの様です。実際ベッドの中で本を読んだり、起きてギターの練習をしたりしています。


その息子が昨日から部活の合宿に行きました。


中々、ベッドのシーツを洗濯出来なかったのですが、やっとチャンス到来。


もう、夕方になろうかとしている時間に長男のシーツと共にベッドパッド、枕カバー、フィッティングシーツを洗えました。


(夫は自ら洗濯に出してくれます。)


今日も天気が良い様なので、今日はお布団を干して布団カバーを洗濯します。


お布団も春物に替えてもいいかも知れませんね。


何しろ本人がいると、カバーとか洗濯しなくていい。と動きません。


まるでヤドカリです。


5日間合宿に行っているので、私の調子の良い時、お布団関係の交換です。


日本は四季がある為、お布団の衣替えまであるので大変ですね。


以前はもうちょっと頻繁にシーツのお洗濯をしたり、お布団を干したりしていたのですが、ここ、1年程の過眠に因り鬱と併せて、ベッドの管理まで行き届かなくなりました。


お布団の衣替えの時は圧縮して仕舞うので夫の協力が無いと中々難しいです。


3月も半ばを過ぎたとは言え、先日の様な真冬並の寒さもあり、お布団の衣替えはGWになりそうですね。(次男のお布団を除く)


ボク達のお布団は一年中一緒だよ。

(時々洗ってます。)


昨日はブログの予約投稿時間を間違えて今日の0時にしていました。^^;


起きてブログをチェックすると、更新されていないので、驚きました。

何時もは更新されているのを見届けて寝ているのですが、昨日は21時には寝ていたので…

(過眠が酷くなり、起きる時間も遅ければ寝る時間も早くなりました。)とても困っています。

◦<(¦3[▓▓]

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。