双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

双極性障害と認知症

病院に双極性障害の人は普通の人より認知症に罹り易い。との貼り紙が随分前に貼ってあり、それを恐れているワンダムです。


以前、長男には冷たく「親が認知症になったら捨てる」と言われました。


親としても、認知症になんかなって子どもや夫に迷惑を掛けたいとは思っていません。


買い物と通院以外、ほぼ外出しない引き籠りなので、認知症になる可能性大です。


漢検の勉強や読書をしたり、頭を鍛える事をする様にしていますが、インプットだけでは認知症になると云うので、アウトプットもしなければなりません。


その為、躁うつ病カテゴリーで何ヶ月もランキング1位を保っていますが、1位から陥落したら、ブログを辞めようと思っていたのですが、アウトプットの為にランキング関係なしにブログは続けようと決めたのでした。


今後ともこの拙ブログにお付き合い下さいませ。

宜しくお願い致します。m(_ _)m


サキちゃんの様に枕は使っていないけれど、人間みたいに寝ている犬達です。


昨日、干瓢(かんぴょう)を使ったお料理をしたのですが、干瓢を使ったのが20年以上振りで戻し方を忘れていました。

④までやってから、やっと味付けに取り掛かれます。


こんなに手間がかかるんですね。

それで、干瓢を使わなくなったのを思い出しました。( ̄▽ ̄;)

昨日はお料理だけで1時間45分も掛かり、家事って大変。と思いました。