双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、アダルトチルドレンの絶望、希死念慮だらけのブログです。

過眠の地獄

昨日は20:30にはベッドに入ってしまったので、日中起きていた時間は5時間位でした。



これしか起きていられないので、ご飯の支度とお風呂だけで何も出来ません。


ご飯の支度は夫の強い希望で今週金曜日までメニューが決まっています。


なのでお弁当は買って来て居なくて、買いに行く気力もないし、作れば息子も食べてくれるので、怠い、怠いと思いながら、作っています。



後、眠くて仕方のない寒い朝に洗濯物を干すのは大変ですね。


今日は2時に目が覚め3時迄ウトウトし、3時に洗濯機を回したので、目が覚めた状態で、5時前に洗濯物を干しました。



昨日の朝は辛くて仕方なかったけど今日は寒いと思うだけで、そんなに苦では無く干す事が出来ました。


過眠だと洗濯物干すのも大変な労力が要るのだと知りました…

何時もはお風呂上がりとか夜、身体が暖かい時に干しています。


朝は寒くて辛いと思っていたので…


朝も夜も寒さは変わりありません。

眠い時に干すから辛いのです。


今日は昨日早く寝た所為か早くに目覚め朝が辛くありません。


何時もこうだと良いのですが。

ただでさえ、苦手な冬です。


鬱に拠る過眠は普通の人の寝不足以上に辛いのだと知りました。起きたくても、起きられない…病気故、病的な眠さです。


お勉強や読書はおろか、お仕事どころでは有りません。


やりたい事をする時間がありません。何度も書いていますが…


眠たいのに眠れないのも地獄ですが、起きたいのに起きられないのも地獄だと最近になって思う様になりました。


主治医は寝られていれば良いですよ。と仰いますが、主婦としては、過眠でも家事を期待されているので、休養という名の入院をして、寝たいだけ寝ていたいです。

家族の事を全然考えていない思い付きですが。