双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、アダルトチルドレンの絶望、希死念慮だらけのブログです。

鬱がやって来た

昨日から調子が優れず、ご飯作ったら、寝る事にして18:30にはベッドには入りました。

「金閣寺」を最初から読み直して19:30には寝ました。

朝、夫に紅茶を淹れて上げて、朝食を食べたらまた、気分も悪いしお腹が痛くて二度寝し、トータル15時間半寝ていました。


お腹は昨夜クロが乗っている時に苦しくなって、それから痛いと言うかずっと苦しいのです。トイレは関係ありません。


昨日は息子のリクエストでカレーを作ったのですがポークカレーのポーク塊肉を切るのも玉ねぎの皮を剥くのも、ルウを溶かすのも辛くて辛くて、何もしたくありませんでした。


それで、自分だけ食べたら本を読みながら寝る事にしました。


起きているとエアコン代も勿体無いですものね。温度を低目に設定して寝ました。


長男が帰って来ると言っていたのですが、起きてみたら帰っていませんでした。


今は二度寝から起きたところですが、午後からの予約をキャンセルしたので、また横になろうと思います。


明日のお弁当も買って来る様だったのですが、カレーがまだまだたくさん残っているし、寒くて辛い中、急いで出掛ける用事ではないので、止めて正解でした。


心配は今晩のご飯作れるかしら?


夕方まで寝たら出来るかな。


これで当分、漢検の勉強は無理になりそうです。


いずれにせよ、「金閣寺」を始めから読み直した為、スッと頭に入って来たので「金閣寺」の読破に集中したいと思っています。薄い本なのですが、「カラマーゾフの兄弟」同様、注釈の多さで中々読み進みません。


何時もの過眠の時同様、内容のない記事しか書けず済みません。m(_ _)m


ワンコ達も寒がっています。こんもりお山を見つけました。

この繭の中には…!?

クロとシーです。

寒いのに繭を開けてごめんね。