双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

診察日(精神科) 疲れまひた…

今日の予約は8:30からです。

土日の酷い過眠の話をして、レボトミンが10mg減り65mgとなりました。


今日は障害者年金と障害者手帳と自立支援手帳の診断書を書いて頂き、受け取りました。


前以て、書いて下さるものばかりと思っていたら、年金の診断書は診察中に凄い字で書き殴りΣ( ̄□ ̄)!


それを持って、寒い中お役所まで提出に行きました。


今日の歩行は約1万歩です。


月間ベストでした。






昨日の記事に何方か藁でも良いので投げて下さい!と書いたら奇特な方がいらして、紐らしき物を投げて下さいました。


でも、それはゴム紐だったので、溺れずには済んだけれど伸びちゃって岸にまで辿り着けませんでした。


まだ、池の中に居ます。泥沼かな?


〇〇様、有難うございました。m(_ _)m


病院では今月、こんなポスターが貼ってあります。

患者確認の為ですが、毎週私は通っているので、先生に名前を尋ねられるどころか、見かけて声を掛けて下さる位の常連患者です。

決して私の顔がヒョットコみたいなおかしな顔と言う訳ではありませんので…


今日のお会計は診断書2通で10,800円は痛かったです。年金の方は5年に1度ですが、障害者手帳は2年に1度で自立支援は毎年なので、心身不調の身にとってはお役所に行くのも辛いので、3年に1回位にしてくれないかしら?

そんなに簡単に病状は変わらないですし。


しかも、私は1月から3月の間の最も寒い時期に更新です。:;(∩´﹏`∩);:


入院したい位、具合が悪いです。と言いましたが、寝られているから、入院しなくて大丈夫ですよ。また、状況が変わったら入院する事になるかも知れませんが。と言われました。


夫としてはグータラしていても、洗濯物は取り込み畳んで、シーのマナーウェアも取り替えて、偶にご飯も作ってくれるだけでも私が居ると居ないでは大違いの様です。


私はそう言う事から逃げて、只管寝ていたいのですが…

簡単な家事すら重荷です。


服薬も過眠により、朝のお薬を昼間に飲んだりしていますが、入院していたら、服薬もちゃんと出来るのですよね。看護師が起こして飲ませてくれるので…


でも、ご飯は息子に申し訳無いので、専業主婦でいる以上は偶には手作りご飯を食べさせてやらねば…


それと、嫌な隣人が私が入院しているか等と探って来るので、適時にシャッターを閉めたり開けたりしないと、入院している事が知られてしまいます。

以前も夫が聞かれた事が有るのですが、夫と打ち合わせ通り、実家に帰っている事にしました。


噂好き、詮索好きのこういう隣人が居るとオチオチ入院もしていられません。


過眠も本当に辛いです。漢検の勉強も2日手付かずです。


今日はやりたいと思っています。頭痛がしますが…


少し仮眠を取ってご飯の支度してからやります。


「仮眠」が「過眠」にならない様に気を付けます。


おやすみなさいませ。( ˘⊖˘)


シーの前脚が何とも可愛いです。(*´艸`)