双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

精神病をオープンにするか否か?

2日前に書きました病気の話の記事に関して触れた記事を、マネーs j s j様が書いて下さいました。

その記事には私とitti様がコメントさせて頂きました。

マネーs j s j様はうつ病を患っていて、矢張り病気の事はオープンにはしていないそうです。


itti様からのコメントは私にも参考になりました。


リブログさせて頂きたいとも思ったのですが、微妙な話なので、控えさせて頂きました。


心の風邪と言われ、今では珍しくない「うつ病」ですら、オープンにし難いのですね。私自身もそうでしたので、お気持ちは解ります。


兎角、精神病はオープンに、し辛い事を実感としました。


私も友達に双極性障害の事をオープンにして、どう過ごしているのか(どういう症状が有るのか)尋ねられても、昨日の様に寝っ放し。とか恥ずかしくて言えません。だらしが無いだけ。と思われそうです。


眠れず起きっ放し。は気の毒がられるかも知れませんが…


求職活動では、必ずクローズでした。

障害者雇用枠でも何回か応募した事がございますが、精神障害者手帳1級では、書類選考すら通りませんでした。


以前も書きましたが、眠いのに眠れないのは地獄ですが、起きたいのに起きられないのも地獄に引き摺り込まれているようです。_:(;'Θ' ;;」 ∠):_

自分の時間が無い!

そして、鬱により、起きていてもやる気が起きず、ご飯の支度等はが苦で仕方が無いです。


昨日は漢検の勉強を少しだけやりました。ご飯も作りました。


漢検も眠さが抜ければもう少しケアレスミスも少くなると思うのですが。何時もボーッとした頭で勉強しています。


昨日は大寒とあって、日本中が寒かったのではないでしょうか?


ワンダム地方もこの冬一番の寒さでした。これからも暫くはこの寒さが続くそうですね。


最も辛い時期の到来です。そこへ来て過眠でも辛くて(T_T)


この分だと去年4月の頭に主治医から入院宣告されて半月後にやっと入院になった時の様に、大好きな春がやって来ても過眠は治りそうにありません。


桜🌸を見られる時間すら、短いかも知れません。


去年、金木犀の花を殆ど見かける事無く、金木犀の季節が終わっていた様に。


ただ、今年は暖冬なのか、もう近所では水仙が見られます。


来週も2回外出です。病院に美容院。後、何回外出したら、寒さが緩む季節がやって来るのでしょうね。

早く、はぁ~るよ、来い♪


この記事が皆様の目に留まる頃にはアメリカ大統領がトランプ氏に変わっている事でしょう。

私はリアルタイムで就任式を観たいけれど、惰眠を貪っている事でしょう。残念…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。