双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

今日はクリスマス🎄

昨日のLINEから…

皆、色々な所へ行ってクリスマスを楽しんだ様です。

私はこれらのお写真を見るだけ〜。

お買い物には行って来ましたよ。

イヴとあり人混みの凄い事…

でも、家のお夕飯はイヴとは全然関係ないお食事でしたが、好評でした。

(本当は作りたくなくて299円のスーパーお弁当の予定でした。それに比べたら、お野菜たっぷり、お肉たっぷりのご飯でした。)また、ロールケーキと雪見だいふくをデザートに買って来ました。

長男はどんなクリスマスを過ごしているんでしょうね?

去年は違う子とお付き合いしていて、クリスマスプレゼント🎁はキッチン用品がいいと言われてお鍋等を買ってました。地味で地に足の着いた大人びた同じ歳の彼女でした。


今の彼女は歳相応の女の子らしい子の様なのでアクセサリーでもプレゼントしたのかしら?


素敵なレストランにも行ったのかなぁ?


何か自分の若い頃を思い出します。


昨日は完全に鬱になりましたが、日内変動で夕方からは調子が良くなり、夕方からの買い出しでした。


6時頃帰宅してから、活力鍋を使って大急ぎでおかずを作りました。


まぁ、自分でも良く出来た方だと思います。


我が家はキッチンの所に柵をしていないので、ワンコ達の出入りが自由です。


その為、調理中は「鮫がウヨウヨしている」状態で、お肉のラップがピロピロ〜と調理台から出てたりしたら、直ぐさまシーに引っ張り落とされ食べられてしまいます。


クロはそんな知恵が無いので、只管何か落ちて来るのを待っています。


昨日は大根の輪切り(おでんにする位の大きさ)を転がし落としてしまったら、クロが咥えて食べてしまいました。クロは食べ物に関しては野性的で、取り上げようとすると唸って噛み付いて怖い別犬になります。


先日はアボカドの種が転がり落ちて、それをクロが咥えてしまい、大慌てでしたが、幸い夫がいたので、夫がクロを首根っこ捕まえ下顎を抑えていて私が菜箸でクロの口の中から種を弾き出して事なきを得ました。


アボカドの種を飲んだりしたら、腸閉塞になったり、喉に詰まったりする恐れがあったし、犬

にアボカドは良く無い食べ物なので、本当に良かったです。この1件で調理中はケージに閉じ込めておく事も考えました。

キッチンの入り口が1m50cm位有るので、市販の柵が嵌りません。(子供の赤ちゃん時代を思い出します。よく長男に米櫃をイタズラされ米櫃にガムテープを貼ってしまいました。)


子供達が大人になってもワンコ達がいる限りはまだまだ、子供がいる様な生活ですね。


子供(特に長男)は巣立ってしまったようですが、今はワンコ達に笑顔を貰う生活です。


今週のご飯も予定を立てたので、お弁当は買って来ませんでしたが、何日までご飯が作れるのか…?


寝正月はいいけど鬱の寝正月は嫌ですね。😰

クリスマスはかろうじて無難に過ごせそうですが日本人である大事なお正月が心配です。

良い子の所にはサンタさんが来たかな?