双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、アダルトチルドレンの絶望、希死念慮だらけのブログです。

診察日(精神科)・消化器内科(予約外診察)

今日は毎週、恒例の精神科診察日でした。

昨日のブログを書いた後、普通である事の幸せを感じる一方で、また鬱が待っている…と思うと幸せな今のうちに死んでしまいたい。と希死念慮が浮かびました。


結婚でも、家の新築でも、結婚式を挙げたり、家を建てた後より、それまでが一番楽しい時と言いますよね。


それと一緒ですね。


「普通」が、終われば祭りも終わり、鬱の毎日…


今日の診察で先生にその事を話しました。


先生はそう考えていない様で(慰めかも知れません)「そうでは無くて、これから(気分の波が)平坦になって行くんだと思いますよ。段々上がり下がり幅が小さくなって行きますよ」と仰っていました。


私は「えー?ずっと1年以上、鬱が続いていたのにですか?」とお聞きしました。


それでも先生はこれからはフラットになって行くと譲りません。


若しそうなったら本当に「寛解」ですね。

そう願わずにはいられません。


消化器内科の方は昨日の夜は普通にお鍋を食べたのですが、痛みも殆どなかったけど、矢張り診て頂く事にしたら、予約外担当の先生で。と言われたのに、何時のも先生が診て下さると仰ってるから採血をして下さい。と言われ、採血(して貰いたかった)をしました。


でも、激混みで40人以上待っての採血でした。技術者は9人いましたが…


それから1時間程しなければ結果は出ないので、待ち続け…呼ばれたら前回と数値殆ど変わらず横這いでした。

お聞きすると、激痛がした直後に計れば400とか大きな数字が出ることがあるそうです。

先生曰く「絶食が良かったのでしょう。今後も痛みが出た時に絶食の変わりに食べるゼリーの様な物を出しておきますか?」と仰るので、有難いお話と思ってお受けしたら「10種類位フレーバーがあって、とても不味いんですけど」

と平気なお顔で仰います(@_@)

これからのシーズン、ご馳走を食べる機会が多いから出して下さったのだと思いますが、痛みが来た後、お腹が空いてもゼリー、食べる気になりませんよぉ(T^T)


さて、話は変わってメルカリで全て新品タグ付けで買った登山用品です。\(^^)/

殆どの人が登ろと思ったけど、天気が悪かったりで機会を逃し使わなかったそうです。

私もそうならない様に…形から入るタイプなのでストレッチパンツも買いました。ゴアテックスのレインウェアも揃えたし、後は登山靴だけです。


これは、本格的な山登りを始めてからきちんと履いて確かめてから買おうと考えています。

遠くに見えるピンクのサンダルはクロックス擬きのサンダルです。シーにベルト部分を壊されています。

スリッパは全部滅茶苦茶にされるので、このサンダルしか履けません😱

でも何であんな所に片方だけ転がっているんでしょう?😅