双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、アダルトチルドレンの絶望、希死念慮だらけのブログです。

「普通」の人の具合いの悪さ

昨日はまだ「普通」でしたので、先週1週間分のご飯を作ることが出来たので、今週の分も考えて、買い物にお付き合いしました。


前々から気になっていた、地震対策の冷蔵庫と食器棚の転倒防止の部品も買って来てホームセンターにも行って来ました。

以前は冷蔵庫を転倒防止なんてなかったと思うのですが、あったので買いました。


食器棚の方は天井が階段の下なので突っ張り棒を入れることが出来なかったので、L字型の金具を買って付けようとしたら、お写真の様な物が売っていました。


防災グッズが沢山有って、驚きました。


帰ると頭痛、お薬を飲んで出掛けたのですが、帰宅後も直ぐお薬を飲みました。


この所、頭痛が続いています。

断食も止めてお夕飯には久々にアヒポキ丼にしました。


少なめのお味噌汁に少なめのアヒポキ丼を食べただけなのに、お腹が痛くなりました。膵臓ではありません。

頭は痛いしお腹も痛く、直ぐソファーに横になり寝ました。先日から目も疲れていたので、良く眠れ結局4時間半もソファーで寝ていました。


昨日はこうして、読書をしたりとの自分の時間は全然有りませんでした。


9:30に目覚めた時には夫は「早くベットで寝たら?」と言ってくれなかったのに、11時に自分も寝る頃になったら「ワンちゃんそろそろ、薬飲んで寝なよ」と言うのです。


自分独りでリビングに居るのは寂しいらしいですね。


買い物に行く時「先週はワンちゃんがご飯作ってくれて、俺が帰っても、起きて居てくれて良かったよ」と言っていました。


それはそうでしょうね。


独りでスーパーに行きお弁当を幾つも買い溜め、夜は帰宅すると妻は既に寝ていて、お弁当を食べる毎日がずっと何ヶ月も続いていたのですから。

「このまま、この調子でいて」と言われましたが、「こうも調子がいいと後から反動が来て入院になるかも」と返事をしたら返事をしないので「聞いてるの?」と尋ねると「入院の話なんて聞きたくない」と聞かないフリをしていました。


昨日も「普通」の人でしたが、腹痛に頭痛😣


普通の人でも体調悪いと何も出来なくなりますね。

昨日のご飯の後片付けは夫にやって貰いました。


でも、死んだ様にずっと眠っていたい。現実逃避したい。と思うより、ずっといいです。


膵炎の治療は今日のお昼まで、今晩はお鍋を頂きます。少量ね。

クロは意識的に顔を逸らします。

先週は二男もずっと家でご飯を食べました。

やはり毎日家族の為にご飯くらい作って上げたいですね。

いつまで続くのか「普通」の人…