双極性障害主婦とわんこ達の日常

双極性障害の主婦です。障害者だけど、普通に生きたいと思いながら生活している日常の日記です。

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

トンボのズボン (追記あり)

皆さん、おはようございます。


ワンダムはかれこれ3ヶ月程、入院していたので9/27~11/3まで入院してた事のお話から少しずつ書いて行こうと思います。


7月に大ショックな事があり、9月に魂抜けて、死ぬほど苦しみました。


全ての事情は夫も知らず、真実を知っているのはハンサムダンディ主治医だけです。


…で、表題の「トンボのスボン」ですが、前回退院後よりも今回、退会後の方が更に痩せて、夫にワンダムのジーパンを「トンボのスボン」と呼ばれたのです。

意味が解らなかったのですが、息子2は解っていました。


トンボのスボンの姿です。





別に〜。って思う方もいらっしゃっるかも知れませんが、「イトトンボの様に細い」と言う意味だったらしいです。


下半身デブなので、この位では「イトトンボ」と思われない方もいらっしゃるかも知れませんが、23インチでスキニーはピッタリですが、ガールフレンドデニムは緩くて「23インチ以下はありません。」と言われました。


この位、メンタルにショックを受けたって話でした。


今日は夫と話題の「ボヘミアン・ラプソディ」を観に行って来ます。


わんことの日常の日記なので、わんこも少しだけ登場させます。


トンボのスボンとクローゼ


チーズ



野次馬らなぬ野次犬でいつも可愛い😆です。🤗

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。