双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

盗撮

人様には全然関係ないので申し訳無いですが、

余りにクローゼとチーズが可愛いかったので…


クローゼです。

冬はお鼻の黒い部分だけ出してすっぽり隠れます。

頭隠して尻隠さず


おかぁちゃんのお膝に頭を預けるチーズ


安心して寝ちゃいました。


クローゼもチーズも可愛いくて、可愛いくて小さい頃は何か中に入ってるんじゃないかと、お腹のチャックを探してました。(*´∀`)


昨日は魂半分ほど戻って来て、パニック発作の予兆も無く、平和に過ごせましたが、食欲は相変わらず殆ど無く、月曜日の診察の時にハンサムダンディ主治医にパニック発作の時の頓服はリスパダール内服液とワイパックスのどちらが良いのかと、両方とも在庫が少ないので、処方して頂いて来ようと思ってます。


パニック発作なんてとっくの昔に完治したと思ってたので、「双極性障害」に併せて「パニック発作」持ちになってしまったのか…と落ち込みました。


なので、昨日書きました様に震災があったらポックリ逝きたい。とクロチーの事は考えずに、余りこの世に未練もありません。


魂抜けた日は夜寝る時も考えてしまって寝付けないか、悪夢にうなされるだけと思って眠前薬を飲まずに完徹で、気になっていた方のブログを最初から直近まで読破したりして過ごし、夢中になっている間は余計な事は考え無いので、興奮してドキドキなったりせず、オールナイトで良かったと思いました。

そのお陰で昨日は良く眠れました。


読破したブログは「ムラゴン」でも「躁うつ病」でも無いのですが、大変参考になりました。


お金も無いので、ネットや無料通話のLINEでぺちゃくちゃやり取りしているのが楽しみです。

「かれんさん」は「スマホ無しに生きて行けない。と言ってみたいです。」と言われていましたが、ワンダムはスマホ無しに生きては行けません。


この時代に生まれたのはラッキー🍀でした。


2階のベランダから撮った空です。

余計な物が映っていますが、完全に秋の空でした。


おしまい★