双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

診察日(精神科)&ブログについて

昨日の診察で、先日のパニック発作の話をして来ました。

矢張り「閉所恐怖症ですか?」と聞かれたので、「MRIとかは全然、問題ないんですけど」と答えてから「映画に期待し過ぎて力み過ぎました。」と話したら、「睡眠不足で体調が万全で無い時とかもなり易いですし、映画はリラックスして観て下さい。そうでないと、またパニックになりますから。」とまぁまぁ、予想通りのハンサムダンディ主治医の見解でした。

パニック発作に対する処方は無しでした。


整形外科には先週、嫌な気分になったのと、後ろ手に手が廻って、それも余り痛まずに廻る様になったので、行くのは終わりにしました。


そして、表題の「ブログについて」ですが、最近、ワンダム自身がちょっと嫌な気分になった件がありまして、書こうと思った次第です。


色々なジャンルのカテゴリブログを拝見していますが、そのカテゴリに関する事のみ、書かれている方、また時々、カテゴリ全く関係ない事しか書かれて無くて(何でこのカテゴリに参加してるんだろう?)と思う方もいます。でも、極偶にそのカテゴリに関する事を書かれているので、その方のこだわりがあるんだ…と思ったり。


ワンダム自身も人様のブログをどうのこうのと言える様な立派な記事を書いている訳ではありませんが、時々、人様のブログに付いて「写真ばかりで読み難い」とか「愚痴ばかりで気分が悪くなる」とか「写真は多く無くて文も簡潔なのがいい」とか「一日に何回も更新してて疲れる」とか病気ブログで「あなたは恵まれてる」(症状が軽いって事?)等といった意見(コメント)を貰ったと云う様なお話を目にします。


人様のブログに意見する様な方々は、その方のブログを読まなければいいだけだと思います。


ワンダム自身も読んで疲れる様なブログは読みません。


niceして貰ったから、読者登録して貰ったからと言って、お義理でも興味の無い、読みたく無い様なブログはスルーさせて頂いています。


ワンダムのブログに不満がある方、ご自分のブログにnice付けて欲しいからnice付けて下さってる方はどうぞ、読まないで下さい。


ほぼ毎日更新されていてワンダム自身が楽しみにしている方々のブログを拝見していて、自分自身のブログも楽しみにして下さっている人がいればいいなぁ。と言う思いから出来るだけ毎日更新する様にしているので、ご期待に添える様な記事ばかり書ける訳ではございません。


タイトル通り、内容は双極性障害の主婦の日々の出来事です。


犬ブログみたいな日もあれば、愚痴ブログみたいな日もあります。


内容に一貫性がありません。


それでも、お読み頂いたり、niceして下さる方々には感謝しております。

駄ブログにお付き合い下さっている方々、ありがとうございます。


ワンダム自身はブログを通して素敵なご縁をたくさん頂いております。


皆様にとっても、ブログが居心地の良い場所でありますように。


こんにちは。いつもありがとうです。


あいそのないぼくですが、よろしくおねがいします。

クローゼ、ご挨拶の時はこっち向いて!