双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

夏の終わり(鬱の始まり)

昨日で夏の風物詩、高校野球も終わってしまいましたね。


今日は友達と恒例の年1回のランチの日です。


そして週末には暑気払いと言うには遅い暑気払いがあります。


これが終われば夏のイベントも終わりです。


夏の賑わいが静かになって行くと秋です。


考えただけで落ち込んで来ます。


せめて、今週は友達と久々に楽しくお喋りして、夏の思い出作りをしようと思います。


秋への切り替えのスイッチです。


いっときは笑って過ごす事が出来ても、秋になる寂しさを感じると憂鬱になるのは、この病気所以なんでしょうか?


あきがちかづいてきました。


おさんぽにはかいてきなきせつです。


本格的に鬱になると、笑う元気も無くなります。

ブログさえ、また書く気が失せるのかも知れません。

常夏の島に住みたいワンダムです。