双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

クローゼの事

昨日も朝から夕方までてんてこ舞い(σ゚∀゚)σ


気分が落ち着いているので、色々な事がサクサク進みます。


これって軽躁?


でも、軽躁と自覚している時は睡眠時間が惜しいけど、今は眠りたいのに眠れないので、軽躁では無いと思います。


トムママさんが、お仕事から帰るとトム君と「感動の再会」と言ってらっしゃったけど、昨日は帰宅すると、「チーズ、いい子にしてた?オシッコ漏らして無い?」とマナーウェアを破いて無いか確認の為に抱き上げてたら、もう可愛くて可愛くて、チーズに顔を埋めて「愛してるよ。愛してるよ。」と言ってしまいました。感動の再会です。

勿論、クローゼにも同じ事をしました。


尾崎豊の「I LOVE YOU」と云う曲の中で


♪何度も愛してるって聞くお前は、この愛なしでは生きていけさえゆけない♪ ←少々うろ覚え


って部分があるのですが、ワンダムにとっては、わんこ達無しには生きていけない。

何度も愛してるっていいます。


クローゼの歳を考えると…お別れの時期も過ごして来た時間より、近付いて来てるのかな?と思うだけで涙が出て来ました。

今年の9月で12歳です。

奇遇にも、ワンダム夫婦の結婚記念日と一緒のお誕生日です。


深い縁を感じられずにはいられません。

不器用でどんくさいクローゼ。

他人には懐かず、可愛いさが理解されない、家族だけが解る可愛さ…

チーズの様に天真爛漫で無くて、おやつを食べている時近づくと歯を剥き出しにして、野生化するクローゼ。チーズはそんな事しないのに。


抱っこされるのも、そんなに好きじゃなくて、お写真は嫌いで、直ぐ顔を逸らして気難しい性格で…


でも、そんな所がクローゼの良さでもあり、お顔はチーズよりも男前で…


そんな愛しいクローゼが居なくなったら…と思うだけで涙が出ます。


お願いだから20歳までは生きて~!


トイプーのミルミルは僅か1才2ヶ月で原因不明の突然死してしまいましたから…


普段はクローゼはおとうちゃん子で、どちらかと言うとワンダムはチーズの方が末っ子で可愛がっているのですが、クローゼの居ない世界なんて考えられません。


クローゼとチーズが当たり前の様にいる事は、当たり前で無く、奇跡なんだと思います。


クローゼとチーズと一緒に過ごす日々を大切にしたいと思います。


「クローゼ、チーズ、愛してるよ!」


クローゼとチーズは愛される為に生まれて来たんだよね?