双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

感情が大きく揺れた日

昨日はワールドカップの日本vsベルギー戦を観る為に2:50には起きました。2時間睡眠です。


何時も3~4時間しか眠れないので、直ぐに起きれました。


息子2は1の家へ泊まりに行ってて、夫は1時半頃まで仕事をしてたので、ワンダム独りで観戦です。


ポーランド戦のモヤモヤ感を吹き飛ばす様な試合をして欲しいと思って観てたら、先制して2-0、これは勝てる試合なんじゃないかと思ってたのに、追い付かれPKか…と予想してたら、まさかのロスタイムに追加され、ショック😱の余りにボロ泣き😭


独り号泣してました。ニュースの度に結果のシーンを放送されるので、それを観ては、また号泣…


ドイツが前大会、優勝した時にも嬉し泣き😂しなかったのに…

悔し泣き😭とはね…


ぼくもぬけがらになりました…



双極性障害者には余り強い刺激は良く無いかも知れませんね。


感情が昂ってしまいました。


いつの間にか泣き疲れて寝てました。


それから、やっと落ち着き、息子1の事で、昔、働いてた時の知り合いAさんに電話をして、同じグループのBさんの事を思い出し、(他のメンバーの名前は全て忘れてました。)「まだBさんとは、お付き合いしてるんですか?」と尋ねたら、「あら?Bさんとは今月も会う約束してるから、あなたもいらっしゃいよ。」と誘われたので、「Bさんのご主人って、確かC社の部長さんでD大学出身じゃなかったですか?」と聞いてみると、「あら、そうよ。」と言うので「うちの息子2が今D大学の4年生でC社に内定貰ってて、来年からC社で働く予定なんです。」って言ったらAさんも余りの偶然に驚いて、「え~!?そうなのぉ?Bさんも驚くと思うわよ。是非、いらっしゃいね。一緒にごはん食べましょうよ。」と言って下さったので、息子1の相談も兼ねて今月末にAさんのお宅に遊びに行く事になりました。


電話を切ってから思い出したのが、そう言えばAさんの息子さんも確か、息子1と同じ大学卒… 息子1の先輩の筈でした。


これは、また、お会いした時、大層盛り上がりそうだなぁ。とワールドカップとはまた違った意味で興奮してしまいました。


何だかハンサムダンディ主治医の仰ってた様に、気分の高まりが多いこの頃の様です。


ワールドカップの昨日の試合でボーゼンとし、息子1の婚約式?で一区切り着いた時に、ガクッと鬱に落ちないか、心配です。


鬱にはなりたく無い〜!


今日も寝付けそうに無いワンダムです。


おかぁちゃん、あんまりこうふんするのも、よくないですよ。