双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

診察日(精神科・消化器内科)

2科の受診なので、今日はいつに増しても長いですよ…


昨日、ハンサムダンディ主治医にお昼寝も出来ないから、眠くなったら、お昼でも、眠剤飲んでもいいですか?とお尋ねしたら、何時もは穏やかで優しい笑顔でお話をして下さるハンサムダンディ主治医なのに、厳しいお顔になって「駄目です。絶対いけません。」と仰いました。


〇〇さ〜ん!お昼寝に眠剤はダメですってよ~。


「余計に夜眠れなくなります。」と言われて「じゃあ、リボトリールの増量は如何でしょうか?」と言ったら、ハ「リボトリールはこれ以上増やせません。」ワ「今、MAX飲んでるんですか?」ハ「まだ、余地はありますが、リボトリールは耐性が強いので、段々効かなくなります。」


ワ「でも、私は不安障害とかじゃないので、安定剤飲んだ位じゃ、お昼寝出来ないんですけど。」


ハ「ワンダムさんの場合(鎮静作用の強い)ヒルナミンなんか飲むともっと悪くなります。」


ワ「じゃあ、入院ですか?」


ハ「ルーランを増やしましょう。」


ワ「ルーランまた、1錠だけですか?夜の頓服で飲む様に言われたので、飲んでますが、眠くもならなければ、気分の落ち着きも感じられないんですけど…」


ハ「今12mg飲んでるので、16mg(1錠増やして)にして、ルーランならまだ48mgまで増やせますから、それで様子をみましょう。ルーランは効くのは早いんですが、(作用時間が)短いので、朝まで残らないんです。」


ワ「夜の頓服の時も何回か飲んでもいいんですか?どの位の時間を空ければ、いいんですか?」


ハ「効かなかったら、30分後にでも、また飲んでもいいですよ。」


ワ「何だったら、1回に2錠飲んじゃっても変わらないんじゃないですか?」


ハ「それでもいいですよ。」


ワ「躁状態でも無いのに、気分はフラットなのに、何で寝られないんでしょう?」


ハ「ワールドカップがあったり、息子さんの結婚の事とかあったりして気付いていないけど、気分が高揚してるんだと思います。」


♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:


ハイ、ハンサムダンディ主治医、お付き合いが長いので、ワンダムがワールドカップが大好きなのをご存知です。ドイツ贔屓なのもご存知です。ドイツの敗退、日本のあの試合…余り興味が無かったとしても、その位はハンサムダンディ主治医もご存知なんでしょうね。


「ワールドカップを夜中に観ていて、眠れない。」とは一言も言ってません。


ルーラン1錠くらいじゃパンチが効かないと思ってるワンダムです。


ハ「後はセロクエル位しかありませんが、嫌なんですよね。」


ワ「絶対にセロクエルとジプレキサとレボトミンは嫌です。我儘な患者で済みません。」


ハ「いいですよ。じゃあ、ルーランを4mg増やしてみましょう。」


って事で、パンチの効かない様な頼りの無い様なルーラン1錠だけ増えました。


♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:


消化器内科では呼ばれて入るなり、とっても優しい先生に「痩せましたか?」と言われ「ハイ、7号になりました。」とは、言わず「ハイ」だけ言いました。

消化器内科の先生もとっても優しい先生なんです。

で、あの憎っき、セロクエルのせいで15号の服しか着られなくなってたワンダムをご存知です。


そもそも、お酒を全く飲めないワンダムが慢性膵炎になんかなってしまったのは、ハンサムダンディ主治医にも絶対嫌だと言った憎きセロクエルのせいで、ドカ食いする様になってから、膵臓に激痛が走る様になったので、慢性膵炎はセロクエルのせいと思ってます。


「ダイエットとかしてるんですか?」と聞かれて「まぁ、してます。それで余り食べないので、膵臓が全然痛く無くなりました。」と答えたら「血液検査の結果が凄くいいんですよ。お薬、止めましょうか?」と言われて膵炎のお薬中止になりました〜\(^o^)/


これも全部、捨てる事にしました。


大きさ比較


このエレンタールと言うブツは膵臓が痛む時に食事代わりに飲む栄養成分ゼリーです。


フレーバーもたくさんあって、美味しそう♪なんて思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、ゼリー状にするのには、自分で作らなければ飲めません。お水と混ぜてゼリー状にして、お好きなフレーバーを付けて、飲みます。


で、先生も仰る通り「凄く不味い」です。

(ll;`з´).∵マズッ!!!


お腹空いてもエレンタールを飲むより、空腹を我慢して膵臓の痛みの収まるのを待つ方が良いので、こんなに余ってました。


エレンタール、バイバー亻(^_^)/~~


次回1ヶ月半後に血液検査をして、また数値が良ければ消化器内科は卒業出来るそうです。

*\(^o^)/*


このとっても優しい消化器内科の先生は何時も事前にハンサムダンディ主治医が診察して、電子カルテに記入した物を読んでいます。


それを読んで「引越しされるんですか?」

ワ「いえ、義母の家に居候してた息子が引越しました。(ハンサムダンディ主治医はそんな事までカルテに書いてるのか…)」


先生「転勤とかですか?」


ワ「今度、結婚する事になりまして…」


先生「あっ、それは、どうもおめでとうございます。」┏○ペコと頭まで下げて、祝福して下さいました。


先生「いつ、結婚されるんですか?」


ワ「今度の日曜日に婚約して、一緒に住み始めて10月に入籍です。義母には入籍してから、一緒に住むものだ。って言われてるんですけど。」


先生「いやぁ、今は昔とは違うでしょう。それくらい普通でしょう。」と仰って下さったので、ワンダムも先生に「その件で義母にあれこれ言われて板挟みになって大変でした。」と愚痴をこぼしました。


このとっても優しい先生はハンサムダンディ主治医の書いた事に何時も興味がある様で、ハンサムダンディ主治医との会話(問診)を話題にします。全然、膵炎とは関係無いと思うのですが…

なので、雑談の様な感じで思わず、愚痴をこぼしてしまいました。聞いて、先生笑ってました。

更に「レボトミンも止めたんですね?」


ワ「それで、食欲が無くなり、痩せました。」


先生「そうですか~。」


なんて、感じで、いつもにっこり笑って「こんにちは」と迎えて下さり、問診は雑談の様な内容で、終わった後もにっこり笑って、では〇月〇日にまた来て下さいね。で、さようならします。


今回の血液検査で良く解ったのは、やっぱり肥満は良く無い事。

食べなくなったら、全く痛みが無くなってるのですから。血液検査の結果も凄くいいんですよ。との事ですし。


リバウンドしない様に頑張りま〜す。


昨日は通院前にちょっと興奮する様な事があったのですが、それはまたの機会にでも…


皆さんがこの記事をご覧になる頃はワールドカップの日本VSベルギー戦の結果が出て、歓喜してるか、ブーイングしてるかのどっちかですね。


バイバーイ(^_^)/~~