双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

煩悩

うーん…お仕事探しは止めると昨日書いたばかりなのに、諦め切れないワンダムです。


おかしいですね~


ブロガーさんで、とても親切な方が障害者向けのハローワークを当たってみたら…


と言う様なコメント下さった方がいらっしゃいますが、その方にもお返事したのですが、

障害者向けのハローワークでお仕事探すに当たって、先ず必要なのが「主治医の意見書」と云う物なのです。


ヘルパーさん申請の時もこれは必要な書類でした。ヘルパーさんの時はワンダムが何も頼まなかったのに、お役所から、ハンサムダンディ主治医に自動的に求められて来ていた様です。

ハンサムダンディ主治医はワンダムに何も言わずに、この患者にはヘルパーを必要としている。と書いて下さった様で、直ぐにケースワーカーさんから連絡あり、ヘルパーさんの手配をして下さいました。


ワンダムが就労支援に参加したい。と言ったら「あれは、休職中の人が行く所ですから。」と言って取り合ってくれませんでした。


ワンダムだって、パートや派遣だけど、ずっと働いて来ていたから、休職中と思っているのに…


昨日書きました様に「働きたい」と言ってもニコニコ誤魔化した、ハンサムダンディ主治医なので、ハローワークに、この人は働ける状態にあります。なんて内容の「主治医の意見書」なんて書いてくれる訳無いのです。


でも、ブログだって、普通に書いてると(自分では)思ってます。


本当におかしかったら、毎日、ブログの更新なんて出来る筈無いと思います。


内容だって意味不明の事を書いていたら、ランキングでもこんなに上位に付けさせて貰えていないと思ってます。


ただ、2~3時間しか眠れない日が数日、続いたと思ったら、その反動か、月曜日の精神科の日は起きられなくて20分タイマーをかけて寝てました。20分でも寝ていたかったのです。

昨日も9時から、がん検診だったのですが、矢張り起きられなくて、6時に起きたけど、ソファーにうつ伏せになって、苦しんでました。


昨日も15分タイマーをかけてギリギリまで寝てました。


夫には「寝られなかったり、起きられなかったり、忙しいなぁ…」と言われてます。


でも、煩悩が…

「まだ、働ける筈!ワンダムはやれば出来る!」と捨てきれません。


働かなくても、ある程度の生活が出来ればいいのですが、息子1の結婚費用も借金です。


息子2は直ぐには結婚しそうに無いけど、結婚すると言ったら、息子1と同じ様にしてやらなければなりません。


ワンダムが働いたところで、収入は高々知れた所ですが、ブログ読んでいても、同じ病気の人でも、普通の方でも働いてる人が大勢です。


見た目、健康そうなワンダムが子どもの手も離れているのに、働きもせずにぶらぶらしているのも、自分に我慢がならないのです。


承認要求かも知れませんね。


話は変わって、愛するチーズのお鼻の状態が良くなっていました。

before


after

すっかり毛が生え揃っていました(^^)