双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

考える事が一杯!

すやすや(´-`).。oO

すやすや(-_-)zzz


お父ちゃんたら張り切って2時間も歩くから、疲れちゃたワンコ達です。

お風呂も入ってるし…


赤ずきんちゃん



やめてくださいよ!


クローゼは9月で12歳になります。

睫毛も半分は真っ白


昨日は息子1が正式に結婚の申し込みに大阪に行って来ました。

入籍の日も大体決めたようです。


一緒に住み始めるのは8月からなのですが、入籍が10月なので、義母が直ぐに入籍しないと、それまでに心変わりしないかとか(余計な)心配をして、夫にあーだこーだと言って、夫を怒らせ、婚約指輪も買ったし、お返しの品も買ってくれる約束してて、本気なのに、今更…


夫が「母さんと電話すると、ホント後味悪いよ!」と怒ってました。


来週は家に彼女さんがまた来て、婚約の報告をしてくれるようです。


再来週は向こうのご両親と顔合わせです。(それで、正式に婚約だと思ってます。)


ここまで、決まってるのに、義母は何で、そんな心配をするのかしら?( ˘•ω•˘ )


義母の家から息子1が出る時も義母は息子1に「〇〇君、離婚だけは絶対にしないでね。」と言うつもり。と言うので、流石の嫁のワンダムも「離婚するつもりで結婚する訳じゃないんですから、そんな事、言わないで下さい!」と言ったら「じゃあ、仲良くやってね。って言うわ。」と言うので「そうして下さい。その方がずっと喜びますよ。」と言いました。


何か、マイナス思考の義母です。


義父が存命中だったら、ビシッと言ってくれてたと思います。お義父さん…


父の日に義父の頼りになる所を思い出しました。


息子2が内定した会社に付いても「あそこは〇〇大学の人ばかりだから、出世するのが、大変じゃない!」とか、素直に喜んでくれなかったし… 息子2も〇〇大学なんですけど…


お義母さん、息子2があの会社で部長や支店長になる年頃、お義母さんはもう、この世には居ないと思いますよ…


何か色々考える事がたくさんあります。


彼女さんのご両親とお話する事や、今日の診察でハンサムダンディ主治医とお話する事、お仕事の事…


お仕事の事はこの3日程、苦しんだので、もし不採用になったら、もうお仕事探しは止めようかと考えました。(;-ω-)ウーン


木曜日から土曜日までは寝たきりで、昨日の日曜日やっと少しまともに動けました。


単なる不調で無く、双極性障害からに拠るものだと思うと、矢張りワンダムにお仕事は長く続ける事が出来ないかなぁ…と。


息子1の披露宴の事とか、来年のお正月は夫婦になってるので、息子1も来るだろうから、息子1の部屋も本格的に片付けなきゃとか…


先走りかも知れませんが、確実にやって来る事ばかりです。


今回は余り興味の無いW杯ですが、この前、ご紹介した、元ドイツ代表のクローゼ選手が(W杯最多得点王)なので、ドイツ戦では解説に出るかも知れないと思い、録画予約しました。


これまでも、両家顔合わせの場所を何処にするか?お車代はどうするか?とか、結婚となると、色々ありますね~。


何か、書いてても、バラバラな纏まりの無い内容になってしまいましたが、躁転してる訳ではありません。


今日はハンサムダンディ主治医に色々、お話して来ようと思います。


追記: クローゼ選手は現在は現役引退しています。