双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

やっぱ、働くなんて夢の話ね~(´-`).。oO

昨日も、ワンダム朝から寝てばかりゴロゴロしてました。


ぼくもごろごろ…


この1ヶ月位、ずっとフラットから、軽躁が続き、働きたいと思って、ハンサムダンディ主治医にも相談しましたが、毎週月曜日は通院、土曜日は買い出し。(ワンダムが危険な病気の為、家計の管理は夫がやっているので、買い出しは夫と一緒でないと、出来ません。)日曜日は夫とお出かけ(主に美術鑑賞、ハイキング)で、働ける日が限定されています。


早朝のお掃除のお仕事とかだと、朝、出勤する時にワンダムが居ないのは嫌だ。と夫は反対です。


スーパー等おばさん向けのお仕事は土日働ける人歓迎。


車の運転が必要なお仕事は無理。


昨日一昨日、みたいに起きられない日もあるし、一年を通して元気な日が多いなんて事は無い。


同じ病気でも働いてる人もいるし、友達でも、癌の後遺症に悩んでる人でも働いてます。


自分に甘いんじゃないか?と考えたけど、土日の夫との時間を共有するのは大切な時間。


その前に普通の人の様に毎日、決まった時間に起きたり寝たり出来ないので、働く事自体難しい。


障害者雇用で応募して、派遣先を紹介して貰った事もありますが、先方が面接もせずに断って来ました。


他にも何社か応募した事ありますが、障害者手帳1級では、雇用して貰えるのが無理かも知れない…


雇うとしても精神なら3級位の人か、身体障害者の方ですよね〜。


年齢的にも30代から40代の方が活躍しています。と暗に30~40代歓迎のポップ。


来年には50代になるワンダムには働く道は無さそう…

特殊技能でもあれば別ですが…


「誰にでも出来る簡単なお仕事です」とあってもワンダムの体調は簡単では無い。


息子2も来年には就職するので、もう学費の必要は無くなるし、家から通うならお金を入れて貰う約束なので、もう、働くのは諦めようかと考え始めています。


以前、夕方からのお仕事を3箇所でした事がありますが、ブラックだったり、融通が利かなく続ける事が出来ませんでした。


週2日か3日で夕方からの近所のお仕事なんて、無いですね…


選ばなければ、お仕事は幾らでもあるけど、募集を何時でもしてる所はブラック。良い職場は辞める人がいないから空きが出ない。


選ばなければ、お仕事は続けられない…


息子2の就職予定の会社は羽振りが良い様で

昨日も晩ご飯作らなきゃ、と思いながら起きられずに居たら、息子2が「お母さん、今日また〇〇に行ってくるから、その後ご馳走になるんで、晩ご飯要らないからね。」と、また内定した会社に呼ばれてるそうで、この前も内定祝にランチご馳走になったけど、そのランチと云うのが大学OBとのランチでステーキ専門店でのフルコースでビックリしたそうです。お写真送って来たけど、こっちもビックリの内容!


その後、意思確認と云う日があり、また内定した会社に行ったら「今日は銀座の〇〇と言うお店でご馳走になるので、晩ご飯要りません。」



で、昨日も別のグループの人がお祝いしてくれると言うのが要件でご飯要らない。となりました。


私もバブルの頃で随分いい思いをさせて貰ったけど、息子2も随分いい思いをしてるなぁ。と思った次第です。


夫は一昨日は冷凍食品は食べずに残り物でご飯を済ませておりました。

昨日も息子は豪華なディナーなのに、妻にご飯も作って貰えず…

可哀想な夫です。


働くのは諦めて息子にたかろう。Ψ( Φ∀Φ)Ψィヒヒ


それはいいかんがえです。ぼくたちとまいにち、いっしょにすごしましょう。


働くのは嫌いじゃないんですがね。

定年まで働くつもりで、公務員になるつもりが…人生予定通りに行かないですね。