双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

突如、息子1が帰って来た~!

本日2度目の更新。

21:30に寝るつもりでいたら、息子1が突然だけど、帰宅します。と家族LINEに連絡入れて来ました。


昨日は息子1が、自分で住む家の契約をした日です。


自宅に住民票は残したまま、他県のおばぁちゃんちに暮らし、週末は彼女さんの部屋で暮らしている、寝床が猫みたいに、3箇所もある、長男。


いよいよ、家を出る決心をして、荷物の整理に帰って来てくれました。


お陰で21:30に寝るところが、22:30に寝るハメに…

でも、あんなに意識が遠のく程、眠かったのに、0時には目が覚めて1時には起き出しました。横になっていた時間を含めて2時間半睡眠。


今日は息子2の就職祝いとして、近所の評判の焼き鳥屋さんに行く予定です。


何度行っても美味しいし、夫は車の運転をしなくてもいいので、お酒を飲めます。


息子1も、帰って来た事もだし、16:30〜の予約だけど、参加するかな?と思って「何時頃帰るの?」と聞くと「お昼過ぎ」と言うので、3人で行く予定です。


大人気のお店なので、人数増えたら予約出来ないかも…と思ったので、ちょっと安心しました。


ねぇ、そのおこぼれって、ぼくにはもらえないんでしょ?


ごめんね。クロチーはお留守番よ。


息子1はお洒落で山の様にお洋服を持っていて、置いて行く物はメルカリで売っていい。と言うので、私もお小遣い稼ぎが出来そうです。

(*´艸`)


今は目が覚めてるけど、また、眠くなって気が遠くなり、意識がなくなりそうな、予感もします。



おるすばん、はんたい!


青年は目を離して心を離すな。の時期に来たようです。