双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。

危険な女⚠️その1

ワンダムは双極性障害と言う病気です。(障害者とも言う)


普通の人には理解し難い躁転した時の怖い話を少ししたいと思います。


手始めは、そんなに驚く程でも無い事を…


何年も前に入院した時、主治医が気に入らなくて、喧嘩売って、8日で退院しました…


入院中は研修医終わって初めての精神科医になったペーペー医師が主治医となります。


何時ものハンサムダンディ主治医ではなくなります。


折角、ハンサムダンディ主治医が入院を勧めて下さって、ここは、休もう…と入院したのですが、こともあろうにバカ新米主治医(女医)は私の医療情報書に「双極性感情障害」では無く、「気分変調症」と診断していました。


他にもお薬の件とかで、いちいちイライラする事があり、鬱で入院したのに、躁転しちゃいました。


それで、主治医を呼び付け、文句を言って喧嘩状態になり、「もう、退院します!」と…


任意入院なので、何時でも好きな時に退院出来たのが幸いでした。


私のイライラ状態を診て、レキソタン5mgでも処方してくれていれば、興奮も収まって、大人しい患者になっていたかも知れないのに、バカ主治医でした。


15回程入院していますが、新米ペーペー医師でもとっても良い先生も沢山いらっしゃいます。

でも、この一件があってから、なるべく私の主治医は男性にして貰ってます。


私は地味で普段は大人しく、友達の中でも余り発言しない方です。

学校でも目立たない方でした。


大人しそうな人に痴漢は痴漢行為をするそうですが、私は何十回と痴漢に遭って、声も上げられず泣き寝入りしています。セクハラにも遭っていました。(T_T)


こんな大人しい女が危険な女になってしまいます💦


躁転時の買い物に付いて…


躁転するとお金を使いたくなります。気分が大きくなって、普段では、考えて買う様な物をパッと買って、買う事により、気分がスカッとします。


なので、ブランド物のバックを6個、ブランド物のお財布を8個買った事もあります。


お金を使えば気が済むので、買った物を全く使わないか、使っても1回だけで、躁転が終わって、ハッと気付いて、ネットで売り出します。


使わないのに幾つもお財布ばかり買う事に、夫は呆れています。


昨日は診察日だったので、ハンサムダンディ主治医に調子が良くて少し躁転してるかも知れません。と話したら「また、お財布買いましたか?」と言われてしまいました。


図星☆でした。


愛用してるお財布があるのに、また買ってしまいました。


また、1度も使わないでオークションかフリマアプリで売るのかも…


食器とかも好きなので、キャビネットに入り切らない程ブランドの食器があるのですが、これも躁転時のお買い物なので、売り出し中です…


オークションかフリマアプリが無ければ破産してます。

質屋だと、安く買い叩かれて終わるけど、ネットだと、買う方は質屋で売っていない様な物が買えたり、質屋より良い物が安く買えます。


メルカリ等で新品未使用品が定価より安く売り出されてる事が珍しく無いですが、私の様な人間が沢山居るのかも知れませんね。


お金も無いのに、バカ買いする危険な女のお話でした。


おかねはたいせつにつかいましょう。



この記事を読んで、こいつバカじゃない?って思う方々が沢山いらっしゃると思いますが、最初に書きました様にワンダムは病気(障害者)なのです。