双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

双極性障害の主婦のわんこ達との日常

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な主婦のブログです。

息子達の事

「双極性障害1型の主婦の日常あれこれ」が私のブログタイトルのなので、主にワンコ達との日常のあれこれを書いていますが、今日は息子1から息子4までの事を書きたいと思います。

♪.:*:'゜☆.:*:'゜♪.:*:'゜☆.:*:・'゜♪.:*:・'゜☆.:*:・'゜♪.:*:

その前に昨日の睡眠ですが、寝付けずルーランを飲んだところ、朝まで寝られました。


ルーランが効いたと云うより、連日の睡眠不足が、とうとうガス欠になり倒れる様に眠ったと云うのが本当のところでしょう。


さて、息子1ですが、とても優しい子で、誕生日とか母の日とかには手作りや夫に頼んで買って貰ったプレゼントをしてくれる様な子でしたが、大学生になってからは、家に寄り付かなくなり、下宿してる友達や彼女の家に泊まる事が多くなりました。(家から大学が少し遠く、朝起きられないと云うのもあります。)


就職も親には何の相談もせずに決め、今は他県で支店長をやっています。

義母の家に世話になっていますが、義母の家にも偶に帰るだけで、彼女の部屋に帰る事の方が多い様です。


その彼女と夏に入籍すると行って紹介されたものの、忙し過ぎて入籍の事は考えたくない。と言ってましたが、義母には7月には家を出ると言ったそうなので、いよいよ彼女さんと2人の家を探して住むのかな?と思っていますが、LINEをしても未読スルーなので、何を考えているのか、サッパリ解りません。

月々の電話代を振り込んで貰っているので、その件だけで連絡を取っている状態で、それが無かったら、生きてるのかも解らない感じです。(;´Д`)


でも、実家を離れて大学生活を送っている様なお子さん達は高校卒業後からそういう状態なのかも知れませんね。


息子2ですが、これも皆、友達が良い所のお坊ちゃま、お嬢様が多い大学に行っているので、皆、大学の近くに家があって、我が家は遠いと言っては友達の所によく、泊まっています。


でも、息子1よりはコミュニケーションが取れていて、今は大学4年生で希望の企業からは内定第1号と言われて、既に内定を貰っているのですが、こちらは業界ナンバー2の会社なので、元々第一希望の業界ナンバー1の企業からも内定を貰える様に何度もその会社の方と面談をしています。


ただナンバー2の会社の方が熱心に誘って下さってる様で、ナンバー1の企業からも内定を貰ったとしても、迷ってるそうです。


息子2は就職したら地方勤務になって家を出るかも知れませんね。

昔は乱暴者の部分がありましたが、今は部活では「面白くて優しい先輩」で通っているようです。


かくして、将来は息子3と息子4と夫だけの生活になりそうなワンダム家です。


息子3と4とは勿論、クローゼとチーズの事です。


クローゼを迎えた時は初めからふやかしたご飯を与えていましたが、チーズは低血糖になる恐れがあるからと、ワンコ用のミルクを与える様に言われて、哺乳瓶でミルクを飲ませていました。


夫はそんな事は全然覚えて無くて(自分ではやってもいないし…)その話をしたら、「クローゼとチーズは間違い無くワンちゃん(ワンダム)の子だ。」と言って「俺とは義理息子の関係」と言ってました。


昨日もチーズのマナーウェアを替える様に頼んだら「ワンちゃんがやってよ。実の息子でしょ。俺は養子縁組した子だから。」と逃げました。


クローゼをうちに迎えた日のお写真です。

両さんみたいな眉毛?が可愛くて連れて帰ったのに、今じゃ褪色して、普通のお顔になってしまいました。

チーズはうちに来た時のお写真が無く、小さい頃のお写真です。

どちらも小さい頃は可愛かったけど、一緒に暮らす時間が長くなる程に可愛さは増して行きました。

私がソファーに座るとお膝の取り合いです。


息子1と息子2は小学生の頃迄は本当に可愛い息子達でした。


でも、ワンコ達と違っていつまでも、「子ども」のままでは、また「マザコン」ではいけないので、順調に育ってくれてるのかな?と思います。


今では息子3と息子4が日々、笑顔と癒しを与えてくれています。


夫が言ってました。「うちは息子ばっかりだなぁ〜。」と。


本当は人間の娘2人が良かったんですが…

でも、娘だったら、また違った悩みもあったでしょう。


息子達と姪達の子どもの頃です。(姪の1人は赤ちゃんで写ってません。)


以上、息子達の紹介でした。