双極性障害1型の主婦の日常あれこれ

2005年頃に双極性障害と診断され、鬱の波がほぼ一年中です。
一昨年3月から必要に迫られて、お仕事を始めましたが、入退院の繰り返しで最近は働く事を諦めました。
両親とも上手く行っていない、双極性障害、前途多難な障害者のブログです。

涙の再会(T^T)

今日は昨日の疲れが出て、13時前まで、ゴロゴロ寝てました。

今晩はお夕飯も支度をしなくていいので、のんびりします。


昨日は20数年振りに隣県の友達2人と私の地元で再会しました。


友達2人のうち1人(Sさん)は癌に罹り今でも後遺症に悩まされて大変な思いをしています。幸い癌の方は寛解となりました。

でも、息子さんが、統合失調症と診断されて睡眠障害でその事でも悩んでいます。


もう一人(Yさん)は、数年前ご主人が何千万円の借金を作って、毎日ヤクザが来ると怯えて震えて過ごし39kgまで痩せてしまい、また息子さんが、統合失調症で入院したと聞いていました。


二人とも激痩せしたと聞いていたので、逆に太ってしまった自分が恥ずかしく、また、会っても見つけて貰えるかと、心配していましたが、駅の改札口で待ち合わせしていて、時間に着くと、直ぐに友達が笑顔で駆け付けてくれて、私も直ぐに二人の友達と判り、涙の再会となりました。😢


お互い辛い事があって、25年前同じ病院で妊娠中、入院していて、同じ窯の飯を食べた仲間です。

私は2ヶ月近く入院していましたが、友達も2~3週間入院していて、朝から晩まで一緒に過ごしていたので、友達というより、仲間です。


私はSさんとずっと文通していて、SさんとYさんは家が近いので、偶に会ったり、電話で話したりしていたそうです。


年賀状だけのお付き合いだった、Yさんが文通友達のSさんにワンダムさんに会いたいって言ってくれて2~3年前にも会う計画を立てたのですが、Sさんが、腸閉塞で入院してしまい、約束はキャンセルになり、それ以来の約束をやっと果たしました。


二人とも体重も戻ったそうで、昔と全然変わってませんでした。


Yさんの方はご実家が借金を返してくれたし、統合失調症の息子さんも1ヶ月前から自立し、独り暮らしを始めたそうで、この1ヶ月でやっと落ち着いたと笑顔で話してました。


Sさんの方はご主人が退職したいと言っていて、今日、退職届を出すと言っていました。

次のお仕事は決まっていないそうです。


みんな、それぞれ色々大変なんだね。って理解出来る友達が居て嬉しかったです。


家が、スーパーに行くと先ず、特売品(見切り品)コーナーから見て買い物すると言ったらYさんも閉店間際のスーパーで半額の半額の商品を買っている。と言ってました。


私が「でも、あんまり、閉店間際だと品物が無くなっちゃうんだよね。」と言ったら「そうそう。」と分かっていました。


お稽古のお友達には私の病気についてはオープンにしていないし、お稽古のお友達は皆、余裕のある家庭です。

そこが、お稽古のお友達と違う点です。


Yさんはこれまであった事をほぼ一通り話して気が済んだようでした。


私は遠くから来て貰うからとお土産を用意していたのですが、友達2人もお土産を用意してくれていて、生活は苦しいのに、そんな心遣いをしてくれる優しい友達に改めて心通じるものを、感じました。


Yさんの弟さんが理髪店をやっていて、Yさんもそこで働いていて、弟さんがオカメインコを飼っているそうで、お客さんのいない時間に放鳥するそうです。


それで、Yさんは自分で飼っている訳では無いけど、自分のペットの様に可愛いと言っていて、オカメインコの話をしてくれました。

Sさんは家のシーと同じダックスのクリームの女の子を飼っています。シーとレイちゃん、お顔がよく似ていて、Yさんにもお写真見せて、「ホントだ~。凄く似てる。可愛いね〜。家も犬を飼いたいけど、金銭的に無理で…

」って言ってました。


家もクロシーが死んじゃったら、夫がオカメインコを飼おうと言ってるのですが、ペットが増えれば増えるだけ、別れも増える訳で…


でも、私も以前、子どもの頃、インコを飼っていたので、オカメインコを飼いたいとは思っているのです。


クロシーのいるうちにオカメインコを迎えたら、笑進(K)さんやゾロゴンのママさんと一緒ですね。(*´ω`*)


Sさんの所のレイちゃんも数年前に乳がんに罹ったそうです。オーナーも癌に罹ったけど、ペットまで…

幸い、レイちゃんもSさん同様、寛解しているそうです。


手術費用とかの話にもなり、「可愛いだけじゃ、飼えないね。」ってなりました。


クロシーは責任を持って最期まで、見届ける覚悟が出来ています。


様々な点で理解し合える友達は一生の財産で、その財産は誰にも奪われる事は無いです。


レイちゃんそっくりなシーです。

クロのペロリンちょ。

貴重なショットでした。